1. プラスワン
  2. ブログ一覧
  3. 新卒採用に困っている方・・・採用サイトから見直しませんか?
新卒採用に困っている方・・・採用サイトから見直しませんか?
2017.04.26 ホームページ制作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは! WEBコンサルタントのN.M.です。
内定辞退・選考辞退を減らしたい
応募社数を増やしたしたい
コストを抑えたい
ミスマッチを減らしたい
質の高い人材がほしい
こんなお悩み抱えていませんか?
これらの課題を解決する方法をご提案いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。  

新卒活動は売手市場に。ライバルは42.2社

無題
2017年大卒求人の平均倍率は1.74倍というデータがございます。
さらになんと、中小企業の場合は4.16倍にまで跳ね上がります。

つまり、中小企業が新卒を1人採用するのに3.16社のライバルが存在することに!(※1)

また、学生1人あたりの平均エントリー数は43.2社というデータもございます。(※2)

多くの企業が1人の学生を取り合い、学生は多くの企業を比べている、このような時代になってきました。

※1.リクルートワークス 大卒求人倍率調査2017年卒より ※2.2017年卒6月時点 株式会社ディスコキャリタスサーチより  

求人媒体の情報では十分に伝わらない

スマートフォンの普及により誰でもどこでも検索できる時代になりました。
つまり学生の扱う情報量が増え、簡単に情報の取捨選択や比較が行えるようになったのです。

求人媒体に掲載されている少ない情報や小さな写真では、他の企業との差別化は難しく、学生からすれば「どこも同じ」に見えかねないのです。

学生に伝わる情報量が少ないことで
・内定辞退や選考辞退
・ミスマッチ
・エントリーが増えない
といった課題が生じてしまいます。

ではどうすれば学生に十分な情報を伝えることができるでしょうか。  

学生に情報を伝える方法

2017y05m01d_121213184
※株式会社ディスコ 2016年度新卒採用ホームページ好感度ランキングより

(1)説明会 学生が就職活動を行う上での有益な情報源としてもっとも多く回答があったのは説明会です。

メリットとして実際に働いている社員の方が学生と直接お会いすることができ、会社の雰囲気や企業情報について伝えることができること。
また、学生が抱えている質問をその場で答えることができ、学生の不安をなくすことができること。

企業の魅力がもっとも伝わる手法であると考えます。

しかし一番のデメリットはコストです。
会社説明会では人件費・交通費・その他資料や準備物による出費等コストがかかってしまいますし、合同説明会に参加した場合は参加費もかかってしまいます。

各地で行おうとすればより費用がかさんでしまい、実施エリアが限られてしまう可能性もあります。

必ず来てくれるとは限らない学生に対しての投資はリスクも大きいですね・・・。

(2)ホームページ

学生が就職活動を行う上での有益な情報源として説明会に次にくるものが「ホームページ」です。

また、弊社で行ったアンケート(2017年度実施)では、選考前に採用サイトを見てくれた学生は98%という結果になりました。

このように学生にとって採用サイトは重要な情報源であり、多くの学生が活用していることがわかります。

では、採用サイトの特徴はなんでしょうか。  

採用サイト3つの特徴

(1)広告費と説明会の費用を抑えることができる

説明会を各地で行うことは難しく、伝えるエリアが限られてしまいますが、採用サイトであれば全国どこでも情報を届けることができます。

また、採用サイトは一度作ってしまえば基本的には追加で費用は発生しません。

初期費用だけで継続的に情報提供することが可能です。

(2)学生が求める情報を十分に伝えられる

求人媒体のように文章や写真に限りはございません。

社員や社内の様子を伝えることで企業の雰囲気をも伝えることができます。

また、学生の志望動機を高める効果もあり、ミスマッチを防ぐのに役立ちます。

採用サイトは髪媒体とは違い、選考時に伝えたい情報が変更してもすぐ修正することができます。
採用サイトがあれば伝えたい情報を何度でも繰り返し提供できます。

(3)どの企業よりも早い情報提供ができる 2017y05m01d_121335606

※株式会社ディスコ 2016年度採用ホームページ好感度ランキングより

学生が企業情報を求めている時期に比べ、企業が情報を公開する時期が遅いことがわかります。

採用サイトがあればどの企業よりも早く情報を公開することができ、他社より先に学生にアプローチをすることができます。

実際私もちょうど一年前、就職活動を行っておりました。
学校からは「早く就職活動を始めろ」と言われ、いざ企業研究をしてみるとほとんどの企業サイトに「coming soon...」の文字が・・・。

「解禁日までに下調べを終わらせ、スムーズに解禁日を迎えたいのに!」と考えていたことを思い出します。

意識の高い学生にアプローチするなら解禁日では遅いんです。  

実例紹介

ここで少し、弊社のお客様で実際に効果のあった事例を紹介いたします。

とある企業様が「直近の採用活動がなかなか思うようにいっていない・・・」と悩んでおられました。

もちろん採用サイトをお持ちではあったのですが、制作されたのが数年前と言うことで掲載されているデータ等も古く、「弊社で何かお役にたてるかも」と考え、採用サイト制作のご提案をさせていただきました。

丸1日かけ社員の方々や社長にたくさんお話を伺うことができ、ご協力のもと当サイトが完成いたしました。

当サイトリリース後、たったの2ヶ月で一気に採用予定数に到達されたとお聞きしました。

※その前提には企業様の怒涛の追い込みがあったのはいうまでもありません。

プラスワンでは、お客様の採用基準などをヒアリングし最適なご提案をいたします。

また、取材を通して社員の方々が貴社の魅力を再発見するのにも役立ちます。  

まとめ

いかがでしたでしょうか。

時代とともに採用活動も変化していきます。

そんな時代の中でも、採用サイトは多くの企業の採用活動を助ける手段になるのではないかと考えております。

お悩みの方は、プラスワンでもまず無料でご相談をお受けしております。

今の保守費用に悩んでいる方、是非プラスワンまでご相談ください

おすすめの記事

Copyright © 2017 PLUS ONE All Rights Reserved.

ページ
トップへ