1. プラスワン
  2. ブログ一覧
  3. IT導入補助金2次公募の採択結果と採択率
IT導入補助金2次公募の採択結果と採択率
2017.08.17 ホームページ制作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBコンサルタントのM.Tです。

待ちに待った、IT導入補助金の2次公募の採択結果が8月4日に公表されました。

今回の2次公募に関しては1次公募に比べて著しく採択率が下がることが事前に予測されていました。

そして実際に、公表された情報を見てみると予想通り非常に厳しい採択率となっていました。

現時点で公表されている情報をもとに今回の2次公募の採択率などの解説をしていきます。

IT導入補助金1次公募の採択率

まずは非常に採択率が高かったと言われる、前回の1次公募での採択率の推定値を見てみます。

(1次公募についても正式な採択率の発表などは行われていないため、あくまで推定値になります。)

1次公募でIT導入支援事業者だった企業の反応をみてみると、ほとんどの補助事業者が採択されたという意見が多く、書類の不備などがなければ、採択されたのではないかと思われます。

1次公募の採択件数を見ると約7,000社の企業が採択されたようですので、申請企業数はこの数字に近い約8,000社ほどだったのではないかと推測しています。

1次公募採択企業一覧はこちら

採択率はおそらく全体で90%に近い数字だったのではないかと思われます。

IT導入補助金2次公募の採択率

一方で今回の2次公募の採択率を推測してみます。

IT導入補助金の事務局から発表された採択決定一覧に掲載されている企業数を数えてみると、6787社が採択されています。

2次公募採択企業一覧はこちら

2次公募の申請企業数も1次公募と同じように正式な企業数が公表されていないため推定の企業数になってしまいますが、約25,000社ほどだと思われます。

2次公募の申請時に申請企業へ振り分けられる申請番号が締め切り少し前のところで、33,000番台でした。

1次公募の申請数の推定件数が約8,000社ほどですので、33,000(申請番号)-8,000(1次公募申請企業数)=25,000件という計算です。

この数値を用いて2次公募の採択率を計算すると、6787件(採択企業数)÷25,000件(申請企業数)=27%という結果になります。

あくまで推定にはなりますが、今回の2次公募の採択率は約27%だったのではないかと思われます。

IT導入補助金の担当者としての所感

今回の2次公募では、申請期限が終了したときにIT導入補助金の事務局から公式アナウンスとして、『1次公募に比べて著しく採択率が下がる見通し』というアナウンスがありました。

また、弊社でも採択率の予想を出していましたが(採択率30%程)、それに近い数字となりました。

一般的な補助金の採択率が30%~50%といわれる中で、今回のIT導入補助金2次公募はかなり採択率が厳しい補助金だったといえるのではないでしょうか。

事業実施期間と完了報告の締め切り延長

2次公募の採択決定発表と同時に、事業実施期間と完了報告のスケジュールについて変更するアナウンスがありました。

完了報告の申請期限ですが、当初は平成29年9月29日(金)が締め切り期限でしたが、平成29年10月27日(金)17時へ延長となりました。

延長の理由までは公表されていませんが、おそらく運営側が予想していた以上に申請件数が増えたために、審査に時間がかかり、採択決定から完了報告までの制作期間が非常に短くなってしまったことが原因だと思われます。

私たち制作側でも、制作する期間が非常に短いことを心配していましたが、やはり延長ということになりました。

まとめ

事前の予想通りIT導入補助金の2次公募の採択率は非常に厳しい内容となりました。

期待される3次公募についてはまだ具体的なアナウンスはありません。

新しい情報などが発表になったときは随時、情報発信していきます。

補助金についてご質問などあればいつでもお問い合わせくださいませ。

おすすめの記事

Copyright © 2017 PLUS ONE All Rights Reserved.

ページ
トップへ