三井住友カード カードローンの基本情報と審査について徹底解説

投稿日:2022.01.13 更新日:2022.04.15
三井住友カード カードローンの基本情報と審査について徹底解説

「三井住友カード カードローンの申込みをしたいが、なんだか不安だ」

「三井住友カード カードローンの審査では、どのようなことが行われるのだろう」

こうした不安や疑問を抱えていることで、三井住友カード カードローンの利用に思いきれない人は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、三井住友カード カードローンの基本情報と審査について徹底的に解説し、三井住友カード カードローンに対する不安や疑問を解決していきます。

この記事を読むことによって、三井住友カード カードローンという商品が理解でき、安心して申し込めるようになりますよ。

まずは三井住友カード カードローンについて解説します。

この記事の執筆者フィンクル編集部
Finance + Circle = Fincle 金融の知識が輪のように広がっていく。 フィンクルはそんなサイトを目指しています。...
この記事の監修者【FP】田中宏一郎
編集長田中
国家資格の2級FP技能士を取得しています。 父の借金のせいで一家離散を経験。その後、母の勤め先から奨学金をもらって国立滋賀大学に進学しました。 借金の酸いも甘いしっている私が、正しい金融の...

三井住友カード カードローンとは

三井住友カード カードローンは、クレジットカードやローン事業を行う三井住友カード株式会社が提供している信販系カードローンです。

三井住友と名前かついていることから、銀行カードローンと思っている人が多いようですが、そうではありません。

三井住友銀行カードローンとは異なるカードローンです。

名前が似ているので間違わないようにしましょう。

それでは、三井住友カード カードローンのタイプとそれぞれのカードローンの基本情報を解説します。

三井住友カード カードローンには2つのタイプがある

三井住友カード カードローンには、次表のとおり振込専用タイプとカードタイプがあります。

タイプ 借入方法 実質年率
振込専用タイプ 指定口座へ振り込む方式だけで借入を行うタイプ 年1.5~14.4%
カードタイプ ATMまたは指定口座への振込みで借入を行うタイプ 年1.5~15.0%

三井住友カード カードローンは、信販系カードローンとしては実質年率(金利)が低いことが大きな特長です。

では2つの借入タイプでわけて、三井住友カード カードローンの基本情報を解説します。

三井住友カード カードローンの基本情報

三井住友カード カードローンの基本情報は、下表のとおりです。

項目 カードタイプ 振込専用
申込み対象 学生を除く満20歳以上~69歳以下で安定収入のある人
(すでにカード発行タイプのカードローン会員は申し込めません)
資金使途 自由
限度額 最大900万円
実質年率 年1.5~15.0% 年1.5~14.4%
利用枠・金利
カードタイプの金利 利用枠 振込専用の金利
年1.5% 900万円 年1.5%
年3.5% 700~890万円 年3.5%
年4.5% 500~690万円 年4.5%
年7.8% 300~490万円 年7.2%
年9.8% 110~290万円 年9.2%
年12.4% 60~100万円 年11.8%
年15.0% 10~50万円 年14.4%

※申し込める利用枠(限度額)は年収の3分の1以内

適用利率引き下げサービス 返済の実績に応じて、翌年度以降から適用利率を0.3%ずつ引き下げられます(最大1.2%)
遅延損害金 年20.0%
担保・保証人 不要
借入方法 ATM・口座振込 口座振込
返済方法 毎月元金定額返済:毎月支払元金は一定額・利息と合わせて支払口座からの自動引落し
締切日時点での利用残高が下表の金額を超えた場合、毎月元金定額返済金は変更

利用残高 毎月元金定額返済金
入会時 5千円
10万円超 1万円
50万円超 1万5千円
70万円超 2万円
110万円超 3万円
170万円超 4万円
200万円超 5万円
返済期間・回数 最長15年1カ月・181回
(利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月返済額5万円、900万円の利用の場合)
約定返済日 毎月10日または26日(銀行休業日の場合は翌営業日)

三井住友カード カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
最大900万円 1.5%~15.0% 最短5分※ 最短5分※
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし
  • 三井住友カードカードローン
    がおすすめな方
  • 三井住友カードカードローン
    が不向きな方
  • 長期的に返済したい方
  • 高額融資を希望する方
  • 最短5分でお金を借りたい方
  • 大手消費者以外から借りたい方
  • 三井住友カードを利用している方
  • 学生の方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 現在の年収や勤続年数によって、審査結果が異なる場合もあります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

三井住友カード カードローンの基本情報について解説しました。

次に三井住友カード カードローンの審査について解説する前に、カードローン全体の審査について理解を深めておきましょう。

そもそもなんで審査が必要なの?

カードローンの審査とは、各消費者金融や銀行などが独自に設定した審査項目と審査基準で、申込者に融資をするかどうかを判断する手続きをいいます。

カードローンを利用したい人は、この審査通過が絶対条件です。

カードローンの審査では、申込者から申告された属性情報と個人信用情報機関から得る信用情報を使って、審査項目ごとに点数化します。
※属性情報・・・年収や勤務先など申込時に記入する申込者の情報
※信用情報・・・過去にクレジットカードやローン商品を利用、申し込んだ記録

属性情報と個人情報によって、算出された点数が基準を超えていれば融資が受けられ、逆に基準が下回っていれば融資は受けられません。

なぜ審査が必要なのか

もし面識のない人から「必ず返済するので10万円貸してほしい」と借金を頼まれたら、何も知らないままで10万円を貸しますか?

貸せないと答える人には、カードローンにおける審査の必要性を理解できるでしょう。

カードローンはただでさえ担保なし・保証人なしのリスクの高い金融商品です。

したがってよほどしっかりとした審査によって、融資をしてもいい申込者かどうかを判断しなければなりません。

消費者金融や銀行などは、属性情報や信用情報だけではなく勤務先への電話による在籍確認なども行ったうえで、申込者に融資をするかどうかを判断します。

このように、消費者金融や銀行などにおいて審査をしないで融資をするようなところはありません

もし「審査なしで融資可能」「誰でも貸しますよ」とうたっている会社は、闇金業者の可能性があるので、絶対に利用しないでください。

スコアリングシステム(自動与信審査システム)による審査

カードローンの審査は点数化して融資するか判断すると解説しました。

点数化はすべて、スカリングシステムによってAIが自動で点数化し、融資可能か判断しているのです。

スコアリングシステムと呼ばれるこの審査方式は、審査時間を短縮できるとして仮審査で採用されています。

スコアリングの対象項目は公表されていませんが、申込者の返済能力と信用度を測るための審査ですから、各消費者金融や銀行などによる大きな違いはないでしょう。

カードローン審査で重視される審査項目

各消費者金融や銀行などでは、審査をする際の項目である審査項目を独自に設定しています。

ただこの審査項目は公開されていません。

審査で重視されると一般的にいわれている審査項目は以下の3つです。

  • 信用情報
  • 安定収入(勤続年数・職業)
  • 他社の借入残高

以降で順番に解説します。

信用情報

信用情報とは、ローンやクレジットカードなどの契約内容や返済状況などの履歴のことで、申込者の返済能力を判断する材料として利用されます。

過去に延滞行為や債務整理を行ったなど、金融事故の記録などがなければ、審査においては「きちんと返済する意思を持った申込者」と判定されるのです。

逆に延滞行為や債務整理などの個人信用情報機関に金融事故の記録が残っている人は、審査には通らないといえます。

なお金融事故の情報は、5年~10年で抹消されるので、ずっと個人情報機関に保管されていることはありませんよ。

安定収入(勤続年数・職業)

カードローンで借り入れをすると毎月返済が必要なため、申込者が毎月返済ができるのか審査されます。

審査では、収入状況だけではなく職業や勤続年数などの情報をもとに、今後の収入の安定性についても審査されるのです。

公務員や正社員は審査において有利に働きますし、パートやアルバイトも収入が安定していれば問題はありません

さらに勤続年数は、長いほど離職のリスクが低いとみなされ、収入の安定性が高く返済能力も高いと判断されます。

安定収入とは年収の多さだけではなく、毎月継続した収入があるかが重要ですよ。

他社借入残高・借入件数

申込者の返済能力を知るためや総量規制に反していないか確認するために、他社での借入状況も重視されます。

多くの件数の借入や多額の借入残があると、その申込者は返済能力が低いと判断され審査に通るのは困難です。

総量規制は改正貸金業法で定められた貸金業者に対する規制で、利用者の年収の3分の1を超える貸し付けが禁じられています。

この総量規制ですが、銀行カードローンには適用されません。

しかし銀行は多重債務の発生抑制に努めていることもあり、総量規制を無視した融資は行っていません。

なお他社借入については、件数も残高も少ない方がスコアリングでは高い点数で扱われます

在籍確認をしないカードローンもありません

審査の過程で行われる在籍確認ですが、在籍確認をしないカードローンは存在しません

在籍確認とは、申込者の本人確認どの情報収集を目的に、原則として申込者が申告した勤務先へ電話で行われます。

カードローンの申込者は、全員が正直で真実だけを申告するわけではありません。

少ないとは言え、申込者の中には虚偽の申告や、なりすましの申込みなどを行う人がいます。

在籍確認はこうした悪意の申込者を排除するためにも行われるのです。

以上、カードローンの審査について解説しました。

カードローンがなぜ審査をしているのか、理解は深まりましたでしょうか?

次に三井住友カード カードローンの審査が、どのように行われているのか解説します。

三井住友カード カードローンの審査はどのように行われている?

まず三井住友カード カードローンの審査を受ける前に、自身が三井住友カード カードローンの申込条件を満たしているのか確認する必要があります。

というのも三井住友カード カードローンが提示している申込条件を満たしていないと、審査は必ず落ちてしまうからです。

そこで三井住友カード カードローンの申込条件に詳しく解説します。

三井住友カード カードローンの申込条件

三井住友カード カードローンが提示している申込条件を満たしていないと、申し込みはできません。

そのため審査を受けるには、申込条件を満たす必要があるのです。

三井住友カード カードローンへの申込みは、次の3つの条件をすべて満たしていることが必要です。

  1. 学生を除く満20歳以上~満69歳以下の人
  2. 安定収入のある人
  3. すでにカード発行タイプのカードローン会員の人

なお安定収入とは、毎月継続した収入のこと。

上記の条件を満たしている人のみ、三井住友カード カードローンに申し込みましょう。

三井住友カード カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
最大900万円 1.5%~15.0% 最短5分※ 最短5分※
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし
  • 三井住友カードカードローン
    がおすすめな方
  • 三井住友カードカードローン
    が不向きな方
  • 長期的に返済したい方
  • 高額融資を希望する方
  • 最短5分でお金を借りたい方
  • 大手消費者以外から借りたい方
  • 三井住友カードを利用している方
  • 学生の方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 現在の年収や勤続年数によって、審査結果が異なる場合もあります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

続いて三井住友カード カードローンの審査基準を見てみましょう。

三井住友カード カードローンの審査基準

三井住友カード カードローンに限らず、カードローンの審査基準は公開されていません

ただ申込条件や口コミなどから、審査がどのような情報にもとづいて行われているかは、ある程度推測できます。

審査に使用される情報は審査項目と呼ばれ、申込書や信用情報機関などから得られる情報をもとに審査しています。

下記の表の内容が、三井住友カード カードローンが審査しているであろう項目です。

属性情報 信用情報
審査項目 名前・性別・生年月日・年齢・住所・電話番号
家族構成・職業・年収・勤務形態・勤務年数
運転免許証の有無・メールアドレスなど
契約先・契約の種類・契約年月日・商品名
契約額・支払回数・入金履歴・残債額・事故情報・
住宅ローンの有無・マイカーローンの有無など

続いて三井住友カード カードローンの審査に必要なものを解説します。

三井住友カード カードローンの審査に必要なもの

カードローン審査に必要なものは、一般的には審査時に提出を求められる書類です。

三井住友カード カードローンの審査では、カードローンのタイプによる違いはありません。

借入希望額により必要書類は異なる

すべての申込者は本人確認書類の提出が必要です。

また借入希望額が50万円を超える人、または希望借入額と他社からの借入金額を合算して、100万円を超える人は年収証明書類が必要です。

具体的な必要書類の概要は下表のとおりです。

なお三井住友カード カードローンの公式ホームページには該当書類について詳細に説明されていますので、実際に申し込む際にはそれで再確認をしてください。

書類名 該当書類
本人確認書類 1.現住所記載の本人確認書類のコピーを2種類提出

(1)運転免許証または経歴証明書

(2)パスポート

(3)健康保険証

(4)住民票または印鑑登録証明書

(5)個人番号(マイナンバー)カード

2.上記の本人確認書類が1種類だけの場合は下記書類のコピーを1部追加

(1)公共料金の領収証書

(2)社会保険料の領収証書

(3)国税、地方税の領収証書または納税証明書

年収証明書類 下記のいずれかで直近の書類(コピー)1点を提出

給与所得の源泉徴収票

給与の支払明細書

確定申告書第一表控え

納税通知書

所得証明書

年金証書

年金通知書

三井住友カード カードローンの審査の流れと審査時間

こでは、三井住友カード カードローンの審査の流れと審査時間について解説します。

WEB申込みにおける審査の流れ

三井住友カード カードローンにWEB申込をする際の審査の流れは、次のとおりです。

ステップ WEB申込みの審査の流れ
ステップ1 申し込み内容を入力・それに続き支払口座を設定
ステップ2 本人確認書類・年収証明書類などの必要書類をアップロード
ステップ3 入会審査:即時発行なら最短5分融資
ステップ4 カード発行:ここまで最短3営業日
郵送での手続きが必要になった場合などは、3営業日でのカード発行ができない場合がある
ステップ5 自宅にカードが到着:ここまで約1週間
※お申込み時間帯や審査の状況により、発効までに時間がかかる場合があります。
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

三井住友カード カードローンではローンカードを受け取る前に、借り入れが可能です。

その融資スピードはなんと最短5分。
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

早くお金が必要な人にぴったりのカードローンですね。

三井住友カード カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
最大900万円 1.5%~15.0% 最短5分※ 最短5分※
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし
  • 三井住友カードカードローン
    がおすすめな方
  • 三井住友カードカードローン
    が不向きな方
  • 長期的に返済したい方
  • 高額融資を希望する方
  • 最短5分でお金を借りたい方
  • 大手消費者以外から借りたい方
  • 三井住友カードを利用している方
  • 学生の方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 現在の年収や勤続年数によって、審査結果が異なる場合もあります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

次に三井住友カード カードローンの審査が不安な人に向けて、三井住友カード カードローンの審査を通過するためのコツを紹介します。

三井住友カード カードローンの審査を通過するための8つのコツ

カードローンを利用するためには、審査に通ることが必要です。

ではどうすれば、スムーズに審査に通ってカードローンを利用できるのでしょう。

ここでは三井住友カード カードローンの審査に通るためのコツを8つ取りあげ、1つずつ解説します。

職場への連絡が取れる日に申し込む

カードローンの審査では、申込者の多くから嫌われている在籍確認と呼ばれる手続きがあります。

この手続きは審査の一環として、申込者の勤務する職場への電話で行われるのが原則です。

カードローンを提供する消費者金融や銀行などには非常に重要な手続きであることから、在籍確認がとれなかった場合は申込辞退として処理される可能性があります。

したがって申込みは、申込者に電話がつながる日に行うことが必要なのです。

年収に見合った低い借入限度額で申し込む

借入限度額は、年収に見合った低い金額で申し込まなければなりません

特に新規でカードローンの利用を申し込む際に年収に見合わない借入額を希望すると、返済されないリスクがあると判断されて審査落ちの原因になる場合があります。

年収に見合った借入限度額とは、他社からの借入にあらたなカードローンの借入を加算しても、年収の3分の1以内に十分おさまる金額のことと理解してください。

信用情報に傷がないことを確認して申し込む

いわゆるブラックリストに載った状態では、カードローンの審査は通りません

事故情報が個人信用情報機関に登録されている期間は、3つある個人信用情報機関や登録されている事故内容によって7~10年と異なります。

したがってブラックリストに載った経験のある人は、個人信用情報機関に照会して、自分の事故情報が抹消されていることを確認してから申し込まなければなりません。

他社からの借入件数や残高を少なくしておく

他社からの借入件数や借入残額は、少なければ少ないほどスコアリングシステムによるポイントは高くなります

一般的には、借入件数が4件以上の人は審査を通らない、といったことが言われていますがそれは誤りです。

借入件数や金額が多いからと言って、この審査項目の点数だけで審査結果が左右されるのではありません。

とは言え借入を急がない場合はできるだけ借入件数を減らし、残高を減らすことができれば、審査に通る可能性が高まる可能性はあります。

虚偽のない正確な情報を記入する

記入ミスと考えられる点については電話で確認が行われることもありますが、年収や会社についての虚偽申告などは間違いなくバレてしまいまい、その時点で審査は終わります。

なお虚偽申告は詐欺罪に問われることもある違法行為ですから、逮捕されたり公的なペナルティーを科せられたりする可能性があるのです。

申込条件をクリアしていること確認して申し込む

すべてのカードローンにはそれぞれ申込条件が設けられていますから、その条件をクリアしていることを確認してから申し込まなければ審査を受けられません。

三井住友カード カードローンは、次の申込条件を満たしている人だけが申し込めます

  • 学生は除く満20歳以上~69歳以下の人
  • 安定収入のある人
  • 三井住友カード カードローンを持っていない人

三井住友カード カードローン一社に絞って申し込む

カードローンの利用を複数社に申し込む人がいますが、これは審査にマイナスに影響します

三井住友カード カードローンの利用を希望する場合は、そのカードローンだけに申し込まなければなりません。

消費者金融や銀行などは、個人信用情報機関に加えFINEという情報ネットワークを通じて、常時情報交流を行っています。

そのことから複数社へ申込みをしたことはメンバーの消費者金融や銀行に周知され、申込者は審査要素に不安材料があると見なされて審査に通りにくくなるからです。

三井住友カード カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
最大900万円 1.5%~15.0% 最短5分※ 最短5分※
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし
  • 三井住友カードカードローン
    がおすすめな方
  • 三井住友カードカードローン
    が不向きな方
  • 長期的に返済したい方
  • 高額融資を希望する方
  • 最短5分でお金を借りたい方
  • 大手消費者以外から借りたい方
  • 三井住友カードを利用している方
  • 学生の方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 現在の年収や勤続年数によって、審査結果が異なる場合もあります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

続いて審査に落ちた場合に考えられる原因を解説します。

自身が当てはまっていないか、確認しておきましょう。

三井住友カード カードローンの審査に落ちた原因

三井住友カード カードローンを含め、カードローンで審査に落ちる場合の要因は以下の8つです。

  • ブラックリストに載っている
  • 申込条件を満たしていない
  • 借入希望額に対して収入が少ない
  • 申込書類の記載に誤りがあった
  • 在籍確認ができなかった
  • 複数社のカードローンへ同時に申し込みをしていた
  • 他社からの借入件数が多い
  • 安定した収入が期待できないと判定された
  • 以降では、これらの要因を順番に解説します。

ブラックリストに載っている

個人信用情報機関に事故情報が記録されていると、100%審査に落ちします

過去にブラックリストに載った経験のある人は、その記録が抹消されるまで申込みを待たなければなりません。

なお登録期間を過ぎても抹消されていない場合は、抹消を申し入れることが可能です。

申込条件を満たしていない

申し込む消費者金融や銀行などの公式ホームページに示された申込条件を満たしていなければ、審査を受けられません

三井住友カード カードローンの場合は、すでに解説した次の3つの条件を満たす必要があります。

  • 学生は除く満20歳以上~69歳以下
  • 安定収入のある
  • 三井住友カード カードローンを持っていない

借入希望額に対して収入が少ない

初回申込みの場合、申込者の収入に関係なく職業によって融資を設定している消費者金融や銀行などが多いようです。

そうしたことを考慮して、初回申込みの場合の借入希望額は、利用枠として設定されている最低額で申し込むことが審査に通るコツと言えます。

申込書類の記載に誤りがあった

記載の誤りは申込者の信用度を喪失する可能性があると、理解しておく必要があります。

申込書への記載やパソコンなどでの入力ミスを防ぐには、いきなり記入や入力をするのではなく一度別用紙を利用してトライアルで正しい申込書を仕上げ、それを見本に記載や入力をします。

在籍確認ができなかった

在籍確認ができなかった場合には、申込辞退として処理されるのが一般的です。

審査における在籍確認は、それほど重視されている審査の一環と言えます。

近年は個人情報保護を理由に、個人への私的な電話を取りつがない会社は少なくありません。

自分が勤務先では個人への電話をどのように取り扱っているかを確認し、在籍確認の電話を取り次いでもらえない可能性があれば事前に窓口に相談してください。

複数社のカードローンへ同時に申込みをしていた

複数社に申し込むと、FINEという情報ネットワークを通じてそれぞれの消費者金融や銀行などに情報が共有化されます。

また6カ月以内に複数のカードローンに申し込むと、申し込みブラックという状態になります。

こうした状態になると、申込者は経済的によほど困っていると見なされて審査の通過が難しくなるのです、

したがってカードローンの申込みは、6カ月の期間を空けて1社ずつ行わなければ審査に通りにくくなります

他社からの借入件数が多い

一般に借入件数が4件以上あると審査に通らないと言われていますが、そうした審査基準は公表されていません。

多くの消費者金融や銀行などから借入ができていることで、信用度が高いと判断される可能性はあるようですが、一般的には

少なければ少ないほどスコアリングの点数は高いようです

総量規制をクリアできていない

貸金業法の総量規制の定めによって、消費者金融は利用者の年収の3分の1を超える貸付を行えません

そのことから申込者がすべての借入残額が年収の3分の1を超えるような融資を希望しても、審査には通らないのです。

安定した収入が期待できないと判定された

安定した収入とはどのような収入を言うかは、それぞれの消費者金融や銀行などによって違いがあります。

一般的には。現在の収入の多寡に関係なく、サラリーマンのように毎月確実に一定額を見込める収入です。

したがって歩合のウエイトが高い給与や実働がなければ支払われない給与などは、安定した収入とは見なされません。

以上、三井住友カード カードローンの審査に落ちた場合に考えられる原因を解説しました。

ここまで三井住友カード カードローンの審査について解説してきましたが、三井住友カード カードローンの審査への不安は解消されましたでしょうか?

最後に三井住友カード カードローンのメリットとデメリットを紹介します。

メリットとデメリットを知ることで、より三井住友カード カードローンの理解が深まり、上手に利用できるようになりますよ。

三井住友カード カードローンのメリットデメリット

ここまでは三井住友カード カードローンの基本情報を解説してきましたが、ザックリとでも理解いただけたでしょうか。

ここからは、この三井住友カード カードローンのメリットとデメリットについて解説していきます。

三井住友カード カードローンの4つのメリット

三井住友カード カードローンのメリットとして挙げられるのは次の4点です。

  • 最短5分で融資を受けられる可能性がある
  • 年1.5~14.4%または年1.5~15.0%の低金利で利用できる
  • 返済実績に応じて、翌年度以降から適用金利を0.3%ずつ最大1.2%引き下げられる
  • 申込みから契約までWEBで完結できる

以降では、同カードローンのメリットを1つずつ解説します。

最短5分で融資を受けられる可能性がある

三井住友カード カードローンでは、最短5分で融資を受けられる可能性※があります
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

しかし誰でもが最短5分融資を受けられるのではなく、以下の条件を満たしている必要があります。

  • オンライン口座振替設定が完了している
  • 借入希望額が50万円以下である
  • Vpassアプリに登録している

このように申し込んだ日のうちに融資を受けられる即日融資は、カードローン事業で金融機関との競合に勝ち抜く戦術の1つとして、消費者金融が導入した審査システムです。

ところが厳密な審査を行ったうえで即日融資を実現している消費者金融は、大手を除けばそれほど多くありません

三井住友カード カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
最大900万円 1.5%~15.0% 最短5分※ 最短5分※
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし
  • 三井住友カードカードローン
    がおすすめな方
  • 三井住友カードカードローン
    が不向きな方
  • 長期的に返済したい方
  • 高額融資を希望する方
  • 最短5分でお金を借りたい方
  • 大手消費者以外から借りたい方
  • 三井住友カードを利用している方
  • 学生の方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 現在の年収や勤続年数によって、審査結果が異なる場合もあります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

1.5~14.4%または1.5~15.0%の低金利で利用できる

カードローンの金利は、一般的には9.5~18.0%というように下限金利と上限金利で表記されます。

下限金利は当該カードローンの限度額いっぱいの融資を受ける場合の金利であり、上限金利は初回融資を受けるほぼすべての申込者への融資に設定される金利です。

つまり初めてカードローンを利用する人にとっては、公務員や士業などの仕事についていない限り、初回融資の金利はほぼ間違いなく上限金利で設定されます。

消費者金融におけるカードローンの上限金利は、大半が18.0%の設定です。

したがって三井住友カード カードローンの2つのタイプに設定されている14.4%や15.0%の上限金利は、特筆できる低率だと言えます。

三井住友カード カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
最大900万円 1.5%~15.0% 最短5分※ 最短5分※
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし
  • 三井住友カードカードローン
    がおすすめな方
  • 三井住友カードカードローン
    が不向きな方
  • 長期的に返済したい方
  • 高額融資を希望する方
  • 最短5分でお金を借りたい方
  • 大手消費者以外から借りたい方
  • 三井住友カードを利用している方
  • 学生の方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 現在の年収や勤続年数によって、審査結果が異なる場合もあります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

返済実績に応じて毎年0.3~1.2%金利が引き下げられる

カードローンの金利を一定のルールに基づいて引き下げる、といったことは原則として行われていません。

ただし消費者金融の一部では、優良顧客と呼ばれる利用者から金利引き下げの申出があった場合には、具体的に検討するケースがあるようです。

ところが三井住友カード カードローンにおいては、すべてのカードローン利用者に金利引き下げサービスを行っています。

このサービスは返済に遅れのない人に限り、借入2年目から5年間にわたり毎年0.3%ずつ金利を引き下げるのです。

金利の引き下げは最大1.2%に設定されていますから、毎月確実に返済のできている人は、5年間もこのメリットを受けられます。

三井住友カード カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
最大900万円 1.5%~15.0% 最短5分※ 最短5分※
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし
  • 三井住友カードカードローン
    がおすすめな方
  • 三井住友カードカードローン
    が不向きな方
  • 長期的に返済したい方
  • 高額融資を希望する方
  • 最短5分でお金を借りたい方
  • 大手消費者以外から借りたい方
  • 三井住友カードを利用している方
  • 学生の方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 現在の年収や勤続年数によって、審査結果が異なる場合もあります。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円までのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号受付時間 : 9:00~19:30

申込みから融資までWEBで完結できる

三井住友カード カードローンでは、次のような流れで申込みから融資までWEBでの完結が可能です。

ただし申込み内容や申込状況で、当日に審査を完了できない場合があります。

  1. WEBでの申込み:申込みフォームへの入力と利用代金の支払口座を設定
  2. 書類提出:本人確認書類と収入証明書(借入希望額が50万円超か、総借入残高が100万円超の場合)をアップロード
  3. 審査・カード発行:最短5分で審査完了後にカードを発行

三井住友カード カードローンのデメリット

多くのメリットがある三井住友カード カードローンですが、少しばかり残念なデメリットもあります。

しかし審査目的にそった申込者を選別するための審査項目ですから、消費者金融や銀行などによる大きな違いはないと言えるでしょう。

審査で重視されると一般的に言われている審査項目は以下の3つです。

  • 信用情報
  • 安定収入(勤続年数・職業)
  • 他社の借入残高以降で順番に解説します

無利息サービスはキャンペーン期間中に限られる

消費者金融のカードローンで一般的に行われている無利息サービスは、平常時でも受けられます。

しかし3カ月の長期間にわたって受けられる三井住友カード カードローンの無利息サービスは、キャンペーン期間中に契約した人に限られます。
※詳細はリンク先の公式ページをご確認ください

つまりキャンペーン期間中に契約できなければ、無利息サービスを受けられないのです。

こうした運用ルールのままでは、サービスを受けられない利用者から、利用者を差別していると言われかねません。

無利息サービスには、デメリットにもなる可能性があるのです。

まとめ

三井住友カード カードローンの審査に通過するために記事内で紹介した、審査に通過するコツを実践してください。

また三井住友カード カードローンの審査に落ちた原因に1つも当てはまらない人は、自身をもって三井住友カード カードローンに申し込みまましょう。