即日融資できるカードローンを徹底比較!借り方と審査通過のコツとは

投稿日:2021.04.15 更新日:2021.09.30
即日融資できるカードローンとは

今日中にお金が必要な方におすすめなのが、即日融資が可能なカードローンから借り入れる方法。

一言でカードローンといっても、銀行カードローン、消費者金融カードローンなど多種多様。

ただし、即日融資を受けられるカードローンには限りがあります。

カードローンで即日融資を受けるなら、やはり大手消費者金融カードローンがおすすめ。

なぜなら消費者金融カードローンの中には、WEBからの申込で最短30分融資を公言しているカードローンもあるほど、スピード融資が自慢のカードローンばかりだからです。

さらに初めて消費者金融を利用する人限定で適用されるサービスや、消費者金融の利用者ならではの特典もあります。

とはいえ、「即日でお金が用意できるからには何か裏があるのでは?」「消費者金融カードローンって怖いイメージだけど大丈夫なの?」と気がかりな方も多いはず。

そこでこの記事では、即日融資を打ち出しているカードローン12社を比較し、とっておきの4社を解説していきます。

さらに最短で融資を受けるためのポイント、カードローンに申し込む前の注意点も解説しますので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

この記事の執筆者【ライター】宮城
証券外務員2種の資格を持っています。 親の借金で両親の離婚、相続放棄を経験。 家族の借金問題で苦しんだ経験をばねに、お金の賢い使い方を日々勉強中です。 みなさんのお金の悩みや不安を少...
この記事の監修者【FP】矢野翔一
FP矢野
関西学院大学法学部法律学科卒業。有限会社アローフィールド代表取締役社長。 不動産賃貸業、学習塾の経営に携わりながら自身の経験と保有資格の知識を活かしながら記事執筆に携わる。

即日融資のカードローン12社を比較

おすすめの消費者金融カードローン12社を一挙に比較してみましょう。

消費者金融 審査回答スピード 融資スピード 土日即日融資 金利
(実質年利)
プロミス 最短30分 最短30分 年4.5%~17.8%
アコム 最短30分 最短1時間 年3.00%~18.00%
レイクALSA 最短15秒 最短1時間 年4.5%~18.0%
SMBCモビット 最短30分 最短即日 年3.00%~18.00%
アイフル 最短30分 最短1時間 年3.0%~18.0%
セントラル 最短30分 平日14時までの申込で即日融資 自動契約機に限り8:00~21:00まで可 年4.80%〜18.00%
フタバ 非公表 平日16時までの審査完了で即日融資 不可 年14.959%~17.950%
ベルーナノーティス 最短30分 最短即日 不可 年4.5%〜18.0%
ダイレクトワン 非公表 最短即日 不可 年4.9%〜18.0%
フクホー 非公表 最短即日 不可 年7.30%〜18.00%
アロー 最短45分 最短即日 不可 年15.00%~19.94%

※各社とも融資速度については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になることもあります。

上の一覧表からも分かる通り、大手消費者金融のほうが中小消費者金融よりも土日に即日対応していることが分かります。

大手消費者金融は土日も即日融資に対応している

さらに、上記のうちプロミス、アコム、レイクALSAの3社は初めて利用する人に限り30日間無利息のサービスを実施しているので、素早くキャッシングして早く返済する予定の方には、大手消費者金融系カードローンのほうがお得に借入ができます。

初めて消費者金融からお金を借りるという方は、大手消費者金融のカードローンから自分に合ったものを選ぶのがベストです。

FP矢野FP矢野
中小消費者金融は大手消費者金融の審査に通らなかった方の受入先となる傾向があります。まずは利便性、サービスの点で充実している大手消費者金融に申し込みましょう。

即日融資のカードローン4社を厳選!

カードローン初心者の方におすすめするカードローンは以下の4社です。

  1. プロミス
  2. アコム
  3. レイクALSA
  4. SMBCモビット

なぜこの4社をおすすめするのかというと、4社とも大手銀行のグループで営業しているからです。

またどれも、CMや広告で見たことのあるブランドばかりではないでしょうか。

大手消費者金融なら安心して利用できる

「大手とはいえ、消費者金融って大丈夫なの?」という方もご安心ください。

貸金業協会の資料によると、実は10人に1人が貸金業者を利用しているのです。

今や消費者金融でお金を借りていることに悪いイメージを持つ必要はありません。

特に先ほど紹介した大手消費者金融4社は、金融庁の認定を受けた正規の貸金業者で、下記の通り大手銀行グループの傘下で法律を守って営業しています。

消費者金融名 親会社
プロミス SMBCグループ
アコム 三菱UFJ銀行フィナンシャルグループ
レイクALSA 新生フィナンシャル株式会社
SMBCモビット SMBCグループ

上記のどの消費者金融の親会社も、一度は耳にしたことのある大きな銀行なので安心ですよね。

それでは上記の4社のおすすめポイントや特徴をそれぞれ詳しく紹介していきます。

早い・安心・かんたんの3拍子がそろうプロミス

プロミスなら借入まで最短30分

実質年率 年4.5%~年17.8%
借入限度額 500万円まで
審査時間 最短30分
無利息サービス 初回借入日の翌日から30日間無利息

プロミスは2年連続オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン第1位

国内外20万か所以上の施設が割引価格になる優待サービスのおとくらぶや、プロミスポイントサービスを活用すると提携ATM利用手数料が0円になるといった、利用者に嬉しい特典が盛りだくさん。

またおすすめした4社の上限金利を比較すると、大手消費者金融の中でプロミスの金利が最も低いことが分かります。

消費者金融名 金利(実質年率)
プロミス 年4.5%~年17.8%
アコム 年3.00%~年18.00%
レイクALSA 年4.5%~年18.0%
SMBCモビット 年3.00%~年18.00%

どのカードローンにも下限金利から上限金利の幅がありますね。

基本的にカードローンを初めて利用するときには上限金利が適用されるため、金利を比較する際には上限金利で比較しましょう。

お金を初めて借りるなら、各カードローンの上限金利で比較することが大事

上の表の4社の上限金利を比較すると、大手消費者金融の中でプロミスの金利が最も低いことが分かります。

この記事を読んで甲乙つけがたいと迷う場合には、プロミスに申し込んでみてはいかがでしょうか。

累計利用者数ナンバーワンのアコム

アコムは累計利用者数ナンバーワン

実質年率 年3.00%~年18.00%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
無利息サービス 契約日の翌日から30日間無利息

アコムはカードローン会社の中でも累計利用者数がナンバーワン

その累計者利用者数は150万人以上。

参照:よくあるご質問|アコム公式サイト

さらに実際2020年新たにカードローンと契約した人の数を見てみると、アコムは初めてカードローンを利用する人に最も選ばれていることが分かります。

大手消費者金融会社名 プロミス アコム レイクALSA アイフル
年間新規利用者数
※2020年
20万206人 19万2,175人 11万100人 16万9,373人

加えて、アコムのATM(むじんくん)は24時間年中無休なので、近くにアコムのATMがある方は24時間手数料無料で利用できるのも嬉しいポイント。

何より、キャッシング機能つきクレジットカードを発行している大手消費者金融はアコムだけ。

クレジットカードとカードローンを同時に即日で手に入れられるのは、アコムならではのメリットです。

無利息期間が大手消費者金融の中で最長のレイクALSA

レイクALSAは無利息期間が選べてお得

実質年率 年4.5%~年18.0%
借入限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
無利息サービス 下記のいずれか
(いずれも併用は不可)

  1. 初回契約日翌日から30日間無利息
  2. ネットからの申込限定で初回契約日翌日から60日間無利息
  3. 借入額のうち5万円まで初回契約日翌日から180日間無利息
    ※30日・60日・180日無利息は併用不可
    ※契約額1万円~200万円の方のみ対象

レイクALSAは、大手消費者金融の中で最長の無利息サービスを提供しています。

無利息期間とは初めて契約する人限定で、決められた期間内は無利息で利用できるサービスのこと。

レイクALSAの場合はWEB契約限定で60日間の無利息期間が設定されます。

他の大手消費者金融が設定する無利息期間は30日間なので、2ヶ月以内に全額返済できる人には、レイクALSAがおすすめですよ。

電話連絡をなしで契約できるSMBCモビット

SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡なし・郵送物なし

実質年率 年3.00%~年18.00%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
無利息サービス なし

SMBCモビットでWEB完結申込を利用すれば、書類提出で在籍確認をしてもらえるため、勤務先への電話連絡なしで契約できます。

つまり、職場の人にカードローンの利用がバレたくない人にとって最適なカードローンといえます。

どうしても勤務先への電話連絡に対応できない日などにはおすすめですが、電話連絡に対応できるのであれば、他の大手消費者金融を利用したほうが早く借入できますよ。

さて、上記のおすすめカードローンから、自分にぴったりのカードローンは見つかりましたか?

申し込むカードローンが決まったら、即日融資をより確実にするためのポイントを確認していきましょう。

FP矢野FP矢野
大手消費者金融の中でも、借入限度額や金利設定、無利息サービスの開始時期や期間などに差があります。便利・お得に使うためにも違いをよく比較してから申し込みましょう。

即日かつ最短で融資を受けるためのポイント

消費者金融カードローンから即日融資を受けるためのポイント4つ

消費者金融のカードローンに申し込むとき、即日融資の確率を最大限に高めるためのポイントが次の4つ。

  • 今日中に借りるための申込方法を理解しておく
  • 今日中に借りるための時間を理解しておく
  • 必要書類をあらかじめ準備する
  • 借入希望額を必要最低限にして申し込む

それぞれ順番に解説していきます。

今日中に借りるための申込方法を理解しておく

消費者金融カードローンで今日中にお金を借りる方法は、ローンカードを利用するかしないかで少し変わります。

ローンカードを
利用しない場合
WEBから申し込んで、振込融資を受ける
ローンカードを
利用する場合
  1. WEBから申し込んで、無人契約機でローンカード発行
  2. 申込からローンカード発行まで無人契約機で完了

それぞれ詳しく見ていきましょう。

消費者金融でカードを使った借入をする方法

消費者金融カードローンは、ローンカードを使わなくてもお金を借りられます。

インターネットの会員ページから手続きをすれば、指定する銀行口座へ振込融資(振込キャッシング)ができるからです。

さらに、2018年10月からモアタイムシステムが導入されたことにより、モアタイムシステムに対応した銀行口座なら原則24時間、即時振込が可能になりました。

大手消費者金融での申込から振込融資までの流れは以下の通り。

ネット申込
審査回答
振込先口座を指定して契約手続き
振込融資を依頼

また、無人契約機に設置されている無人契約機や電話で最後の契約を完了させれば、その場でローンカードが発行されるためすぐにお金を借りられます。

消費者金融でカードを使った借入をする方法

消費者金融カードローンで、カードを使った借入までの流れは以下の通り。

ネット申込
審査回答
近場の無人契約機で契約手続き
無人契約機でカード発行
ATMでキャッシング

消費者金融から今日中にお金を借りたいときは、振込キャッシングを依頼するか、自動契約ルームでローンカードを発行してATMからお金を借りるようにしましょう。

即日融資に対応してもらえる時間を把握しておく

消費者金融は、24時間365日申込の受付はしているものの、審査に対応できる時間には限りがあります。

そのため今日中にお金を借りるためには、消費者金融の審査対応時間をチェックしておくのが必須です。

大手消費者金融のカードローン審査対応時間

大手消費者金カードローンの審査対応時間を以下の表にまとめました。

大手消費者金融に申し込む前には、審査に対応している時間内かどうかチェックしてくださいね。

消費者金融名 審査対応時間
プロミス 9:00~21:00
アコム 9:00~21:00
レイクALSA 当日20時(日曜日は18:00)までの審査と必要書類の確認および契約手続きの完了で、即日融資可能
SMBCモビット 9:00~21:00
※日曜日は18:50までに借入手続きをしなければ融資は翌日

審査対応時間外に申し込むと、翌日の朝から審査開始になります。

即日融資が必要なら、審査対応が終わる1時間半前には申し込んでおきましょう。

審査が翌日に回されてしまうと、借入できるのは翌日です。

「今ならまだ審査に対応してもらえる!」と思った方なら、次は申し込むために必要な書類を事前に用意しましょう。

必要書類をあらかじめ準備する

消費者金融カードローンの申込に必要な書類は、基本的には本人確認書類のみ。

ただし、50万円を超える契約、または他社も含めて借入総額が100万円を超える場合には収入証明書が必要になります。

スムーズに審査を進めるためには、申し込む必要書類を確認して、あらかじめ用意しましょう。

借入希望額を必要最低限にして申し込む

どのカードローンでも申込時に借入希望額を入力することになります。

入力する借入希望額は、借り入れたい最低限の金額を入力してください。

カードローンの毎月の返済額が大きくなるほど、借入金額も大きくなります。

そのため、希望借入金額が大きくなるほど、カードローン会社が求める返済能力のハードルも高くなるのです。

カードローン会社から「返済できない借入を希望しているのではないか?」と思われないためにも、必要以上の金額を希望しないようにしましょう。

さて、大手消費者金融カードローンで今日中にお金を借りるためのポイントは掴めたでしょうか?

続いては、即日融資可能なカードローンに申し込む前の注意点を紹介していきます。

即日融資可能なカードローンに申し込む前に闇金ではないか確認

即日融資可能なカードローンに申し込む前に闇金でないか確認してください。

闇金と呼ばれる違法業者からお金を借りるのは、絶対にやめてください!

すぐにお金が必要だからといって違法な闇金を利用すると、法外な利息と取り立てによって生活が余計苦しくなったり、周囲の人を巻き込んでしまったりする恐れがあります。

「この会社の名前聞いたことないけど大丈夫かな?」と思ったら、必ず以下のサイトで、利用しようとしている賃金業者が闇金かどうか調べてください。

FP矢野FP矢野
時間帯や曜日、日によっては、混雑してオペレーターにつながりにくい可能性もあります。速やかに即日融資を受けたい方は、混雑する時間帯や曜日、日を避けて申し込みましょう。

こんな人は今日中にカードローンで借入できない

ローン審査に通る人、審査に通らない人の特徴がある

即日融資可能な大手消費者金融カードローンを利用するには、必ず金融機関の審査を受ける必要があります

貸金業法第十三条で、申込者の返済能力を調査しなければならないと決まっているからです。

つまり大手消費者金融カードローンから今日中にお金を借りるには、先に紹介したポイントを押さえたうえで、審査に通過しなければなりません。

審査に通らない人の特徴は以下の5つです。

  1. 信用情報に傷がある
  2. 安定した収入がない
  3. 在籍確認がとれない
  4. 年収3分の1以上の借入がある
  5. 未成年

つまり、上記5つの原因を取り除ければ、大手消費者金融の審査に通る可能性を高められます。

それでは、審査落ちしてしまう人の特徴を見ていきましょう。

信用情報に傷があると審査落ちの原因になる

信用情報とは、これまでのクレジットカードやローンの契約・利用履歴のこと。

私たちの信用情報は、個人信用情報機関に保管されており、カードローン審査だけでなく、クレジットカードの審査や分割払いの審査などで活用されています。

当然、大手消費者金融の審査でも信用情報の確認が必ず行われるのです。

大手消費者金融に申し込む前に、別のローン返済を2ヶ月以上滞納していたり、クレジットカードの支払いができていなかったりすると、審査落ちの原因になります。

大手消費者金融から「すでに返済が困難な状況なので、貸したお金を返してくれる可能性が低い」と判断されるからです。

上記のような、ローンやクレジットカードの延滞・滞納の履歴は、信用情報の傷と呼ばれています。

なかでも任意整理や自己破産など、債務整理をした履歴は金融事故という扱いになり、審査落ちの原因になるのです。

金融事故の種類と信用情報機関に保管される期間を表にまとめてみました。

金融事故の
名称
内容 信用情報機関に
保管される期間
任意整理 裁判所を介さずに、利息カットや返済期間の延長などを金融機関と交渉する手続き。 完済日から
5年間
特定調整 裁判所に申し立てを行い、金融機関と返済額の減額や返済方法を話し合って和解を成立させる手続き。
個人再生 一定の条件を満たしている人を対象に、裁判所を通して借金を1/5~1/10に減額する手続き。 決定日から
5~10年間
自己破産 経済的に苦しく支払いが困難な場合に、裁判所を通して破産が認められれば、借金の全額が免除される手続き。
代位返済 借主が支払いを延滞したことで、保障会社が支払いを肩代わりすること。 代位返済日から
5年間
長期滞納 2~3カ月にわたって支払いを延滞すること。クレジットカード、ローン、奨学金など。 延滞を解消してから
1~5年間
強制解約 長期滞納や契約違反により、強制的に解約されること。クレジットカード、携帯会社など。 強制解約日から
5年間

上記の金融事故の記録が信用情報機関に残っていると、大手消費者のみならず銀行カードローンなど他社の審査にも通らない確率が高いです。

ちなみに自分の信用情報は、個人信用情報機関に開示請求して確認できます。

自分の信用情報が不安な方は、開示請求してみてはいかがでしょうか。

一度にたくさんのローンに申し込んでいる場合もNG

先にもお伝えしたように、信用情報には、カードローンに申し込んだ履歴が6ヶ月間記録されます。

そのため、同じタイミングで複数のカードローンに申し込むと、申込ブラックという状態になります。

申込ブラックになると、大手消費者金融から「返済するあてもなく手あたり次第に申し込んでいる」と思われて、審査落ちの原因になりかねません。

大手消費者金融に申し込むのなら、審査の結果がわかるまで他のカードローンに申し込まないようにしておいてください。

一度カードローンの審査に落ちてしまったら、できるだけ6ヶ月は期間を空けて申し込みましょう。

安定した収入がないと審査落ちの原因になる

安定した収入がなければ、借りたお金を返済する目途が立たないため、カードローンの審査に通過できません。

多くの消費者金融のカードローンの貸付条件には”毎月安定した定期収入のある方”と記載されています。

上記の貸付条件から、毎月1回、定期的に収入があることが安定性を示すうえで大切と分かります。

ただし、安定的な収入が見込めるとしても、勤続期間が短い場合には審査に落ちてしまうこともあります。

勤続期間が短い人は給料が少なかったり、突発的に退職して収入がなくなったりする可能性がありますからね。

正社員に限らず、パートやアルバイトでも同様に勤続期間が重視されます。

確実に審査に通過したいのであれば、できるだけ勤続期間を延ばしてから申し込みましょう。

在籍確認がとれないと審査落ちの原因になる

審査の際には、契約者本人が申込内容に記載した勤務先で本当に働いているかどうかを確認する作業項目があります。

これを在籍確認といい、申し込んだ人の職場に直接電話をかけて行われるのです。

在籍確認は原則電話連絡で行われる

原則、在籍確認が終了するまで審査は先に進められません。

在籍確認が行われた際、もし職場の人に「そのような人はいません」「個人情報なのでお答えしかねます」などと受け答えされると、在籍確認ができず、審査落ちしてしまうこともあります。

ただ在籍確認は、必ずしも本人が電話に出る必要はありません。

他のスタッフが電話に出たとしても、申込者が在籍している旨を伝えてくれれば、それで在籍確認は完了です。

在籍確認の電話連絡の流れ

在籍確認の電話連絡で消費者金融から電話がかかってきたことがバレないか、どのような内容が聞かれるのか心配な方も多いはず。

続けて、それでは在籍の電話連絡がどのように行われるのか、一連の流れを見ていきましょう。

電話連絡は非通知で行われる

大手消費者金融の電話連絡は非通知でかかってきます。

電話番号を調べられても、カードローンのことがバレないようにするためです。

非通知の電話番号が繋がらない会社には、消費者金融の番号とは別の発信用番号で電話がかかってきます。

電話連絡は個人名でかかってくる

在籍確認の電話連絡では、消費者金融名は名乗りません。

消費者金融の審査担当者の個人名で在籍確認が行われます。

つまり、「プロミスの〇〇(個人名)です」ではなく、「私、〇〇(個人名)と申します」と名乗ってくれるわけです。

そのため、自分以外の誰かが職場で電話に出たとしても、消費者金融からの電話とは分かりませんよ。

申込者以外には用件を話さない

電話連絡の担当者は、申込者以外に用件を話しません。

電話に出た職場の方が「どういったご用件ですか?」と聞いたとしても、「急ぎではないので、また折り返します」といったようにごまかしてくれます。

在籍確認は1分程度で終わる

在籍確認の電話に本人が出た場合には、以下の内容が聞かれます。

  • 申込者本人で間違いないか
  • 不明点がないか

自分の電話番号や生年月日などを確認されることもなく、事務的な相槌で終わる内容なので、ほんの1分程度で終わります。

在籍確認の電話に職場の人が出た場合にも、今は席をはずしているという内容が伝われば在籍確認は完了します。

電話に出る人が申込者の名前を把握していない場合などは、あらかじめ自分の名前を名乗った上で、「本日在籍確認の電話があるので対応をお願いします」と伝えておきましょう。

在籍確認について詳しく知りたい方は、『カードローンは在籍確認なしにできる?在籍確認が職場にバレない方法とは』の記事をご確認ください。

先に紹介した通り、消費者金融の在籍確認は利用者に配慮されているので、バレる確率は低いです。

「それでも在籍確認が心配」という方は、電話連絡なしを明言しているSMBCモビットのWEB完結に申し込みましょう。

なおSMBCモビットにWEB完結で申し込んだときの在籍確認は、『SMBCモビットは在籍確認がある?WEB完結で電話なしにする方法』の記事で詳しく解説しています。

年収3分の1以上の借入があると審査落ちの原因になる

すでに年収3分の1を超える借入がある場合は、大手消費者金融の審査には通過できません。

というのも大手消費者金融は、賃金業法の総量規制というルールに則って運営しているから。

この総量規制というのが、申込者の年収3分の1を超える貸付を禁じているのです。

初めてカードローンに申し込むときには、年収3分の1を超えない金額を希望して申し込むようにしてくださいね。

総量規制の範囲内でも他社借入件数が多いと審査落ちの原因になる

他社で借入をしている人で延滞がない場合でも、借入残高やカードローンの借入件数が多すぎると審査通過が難しくなります。

5社以上の他社借入件数がある多重債務者の場合、金額がたとえ年収3分の1以下であったとしても、借入できない可能性が高いです。

実際、中小消費者金融のフタバでは他社借り入れが4社以上ある方の新規借入を受付けていません。

大手消費者金融の審査を少しでもスムーズに終わらせたいのなら、必要最低限の金額を希望し、借入件数を整理してから申し込むようにしてください。

未成年の人は成人になってから申し込もう

ここまでに紹介した3つの原因以外にも、そもそも大手消費者金融の貸付条件の年齢制限を満たしていない場合は、大手消費者金融の審査に通過できません。

大手消費者金融は未成年への貸付を行っていません。

たとえ働いて毎月定期的な収入を得ていたとしても、成人にならない限り申し込めないのです。

まずは家族に頼ってみることをおすすめします。

やむを得ない事情でどうしても借入が必要な場合は、高卒以上の未成年が利用できる学生ローンの利用を検討してみてください。

未成年がお金を借りる場合の注意点などを、『未成年がお金を借りる方法を詳しく紹介』の記事にまとめているので、こちらも要確認です。

FP矢野FP矢野
大手消費者金融によっては、事情を説明すれば在籍確認を保険証といった勤務を証明する書類の提出に代えてくれるところもあるので一度相談してみましょう。

銀行カードローンは即日融資に対応していない

銀行カードローンの審査は、消費者金融と異なり即日融資ができません。

なぜなら、審査に2日以上の時間がかかるからです。

銀行カードローンは2日以上の審査時間がかかるのには、以下2つの理由があります。

  • 銀行と保証会社の自社審査があるから
  • 警察庁のデーターベース照会が義務付けられたこと

詳しく解説していきます。

銀行と保証会社の自社審査があるから

銀行カードローンの審査は、申込者の信用情報の照会と、銀行・保証会社が行う自社審査の2段階で行われます。

銀行カードローンの審査は二段構え

まず、信用情報は個人信用情報機関で確認し、申込者に借りたお金を返済できる能力があるかどうかをチェックします。

もし信用情報の中に、クレジットカードやローン等の長期延滞や債務整理、自己破産といった情報が個人信用情報機関に登録されていると、審査に通りにくくなります。

さらに、信用情報に照会した後、銀行・保証会社自身が保有するデータから総合的に審査の可否を判断する自社審査が行われるため、審査時間がかかるのです。

銀行の審査は警察庁のデーターベース照会が義務付けられている

2018年から銀行の審査では警察庁データーベースへの照会が義務付けられるようになりました。

銀行カードローンの審査には警察庁データベース照会がある

借入審査時に警察庁が保有している反社会勢力のデーターベースと照合することで、銀行が反社会勢力に関与するリスクを軽減するのです。

警察庁データーベースの照会は最短でも翌営業日の結果回答となります。

つまり銀行側でいくら早く審査する努力をしても、警察庁データーベースの照合によって、即日で審査結果を回答できないのです。

FP矢野FP矢野
銀行は即日融資には対応していませんが、金利は消費者金融よりも低く設定されています。そのため、急いでいないのであれば銀行のカードローンを申し込むのも選択肢の1つです。

まとめ

カードローン初心者の方におすすめなのは以下の4社です。

即日かつ最短で融資を受けるためには、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

  • 今日中に借りるための申込方法を理解しておく
  • 今日中に借りるための時間を理解しておく
  • 必要書類をあらかじめ準備する
  • 借入希望額を必要最低限にして申し込む

申込をする前に、中小消費者金融のカードローンを利用する際には、闇金ではないか必ず確認してください。

また、以下の5つに当てはまる人はカードローンでは借入ができません。

  1. 信用情報に傷がある
  2. 安定した収入がない
  3. 在籍確認がとれない
  4. 年収3分の1以上の借入がある
  5. 未成年

上記の5つに該当する場合には、この記事で紹介した適切な対応を心がけましょう。

SMBCモビット公式バナー

レイク46860_60分融資