専業主婦がカードローンでお金を借りる方法は?注意点やおすすめカードローンも紹介

投稿日:2021.06.30 更新日:2021.10.14
専業主婦がカードローンでお金を借りる方法は?注意点やおすすめカードローンも紹介
お金に困っている専業主婦
もしものときに使えるお金があれば心強いけど、家事や育児が忙しくて仕事ができない

専業主婦の場合、働きたくても働ける時間を確保できない方も少なくないでしょう。

そんなときに便利なのがカードローンですが、利用するにはカードローン会社所定の審査に通過しないとなりません。

そこでこの記事では、カードローンを利用したい専業主婦の方に向けて、以下の内容を紹介します。

  • 専業主婦のカードローン利用について
  • 専業主婦がカードローンでお金を借りる際の注意点
  • 専業主婦がお金を借りるのにおすすめのカードローン
  • 専業主婦がカードローンでお金を借りるときに必要な行動
  • 専業主婦がカードローン以外でお金を借りる方法
この記事の執筆者【FP】飯田道子
FP飯田
ファイナンシャル・プランナー(CFP)、海外生活ジャーナリスト。 金融機関勤務を経て96年FP資格を取得。 現在は各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。 海外移住...

専業主婦でもカードローンでお金を借りられる

自身に安定収入がない専業主婦でも、カードローンでお金を借りられます。

ただし自身に安定収入がある方と比べると、借り入れ先の選択肢は限定されます。

自身に安定収入がない専業主婦が申し込めるのは、銀行カードローンのみです。

詳しく見ていきましょう。

専業主婦が銀行カードローンしか利用できない理由

カードローンは主に、銀行カードローンと消費者金融カードローンに分類されます。

2つのうち消費者金融は貸金業者のひとつで、貸金業法に基づく総量規制の対象となります。

総量規制とは、個人が貸金業者から借り入れ可能な金額の上限を決める法律です。

具体的な内容は、貸金業者は利用者の年収の3分の1以上の金額を超える貸し出しをしてはいけないというものになります。

上記のことから安定収入のない専業主婦は、総量規制によって借り入れに制限を受けてしまい消費者金融を利用できません。

それに対し銀行カードローンは、貸付条件に当てはまってさえいれば、専業主婦でもカードローンの審査に通過できる可能性があります。

総量規制対象外の銀行カードローンを利用

専業主婦がカードローンでお金を借りたい場合、選択肢の一つとなるのが銀行カードローンの利用です。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、審査に通過すれば専業主婦でもお金を借りられます。

総量規制とは

消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方が金利は低い傾向です。

また銀行の取引状況によって金利優遇があるなど、支払い利息をおさえられるメリットもあります。

生活費の決済などに利用する銀行でカードローン契約ができれば、借り入れや返済も便利に行えるでしょう。

ただし一部の銀行カードローンでは、申込者に安定収入があることを貸付条件としています。

利用する銀行によって貸付条件は異なりますが、専業主婦も申し込みできる銀行カードローンを見つけて手続きをするようにしてください。

配偶者貸付を利用

配偶者貸付を利用することも、専業主婦がカードローンでお金を借りる方法の一つです。

配偶者貸付は総量規制の例外貸付として認められています。

自身と配偶者の2人分の年収を合算した3分の1以下であれば借り入れできるのが特徴です。

実際に配偶者貸付によって借り入れできる上限金額は、以下を参考にしてください。

申込者+配偶者の年収の3分の1-申込者+配偶者の借入残高=申込者+配偶者の借入上限金額
(銀行からの借り入れ、クレジットカードのショッピング枠、住宅ローンや自動車ローンなどは借入残高に含まれません)

カードローンの審査通過が難しい専業主婦にとって、配偶者貸付は借り入れの可能性を広げる手段といえるでしょう。

ただし配偶者貸付を利用するために、配偶者の同意と以下の書類提出が必要です。

配偶者貸付の必要書類

配偶者貸付の必要書類は以下の通りです。

  • 専業主婦である本人と配偶者それぞれの本人確認書類
  • 住民票の写し(夫婦の氏名、住所、生年月日、続柄が記載されているもの)
  • 配偶者貸付に関する同意書
  • 配偶者の収入証明書(審査によって提出が必要)

配偶者貸付では、配偶者の同意と必要書類の提出を欠かせません。

配偶者に内緒でお金を借りることはできないので注意してください。

配偶者貸付を利用するのであれば、配偶者の理解を得るのが第一条件です。

どのくらいの金額を借りて、どんな返済計画があるのかを申し込み前に伝えておきましょう。

FP飯田FP飯田
主婦でもお金を借りることはできますが、その場合の借入先は限られており、銀行カードローンからのみとなってしまいます。とはいえ、身近にある銀行から、専業主婦でも借りられるところがあるのか探してみましょう。ただ、多くの銀行で配偶者の同意がないと借りられないことがほとんどです。同意がもらえない、お金を借りることを知られたくないなら、短期間でも良いので、働いて準備することを考えるのが得策でしょう。

専業主婦がカードローンでお金を借りる際の注意点

専業主婦がカードローンでお金を借りる場合、いくつかの注意点があります。

ここからは専業主婦がカードローンを利用するにあたり、具体的にどんなことに注意すれば良いのかを解説します。

事前にチェックして後から困ることがないようにしておきましょう。

銀行カードローンは即日融資ができない

銀行カードローンは、申し込み手続きを行った当日中の借り入れ(即日融資)に対応していません。

申し込みをするカードローンによって、申し込みから融資開始までの所要時間は異なります。

ただしどんなにスピーディな審査を行う銀行カードローンでも、審査結果が出るまでに数日間はかかるでしょう。

銀行カードローンが即日融資に対応していない理由は、消費者金融カードローン以上に審査が慎重かつ厳密に行われるからです。

銀行の審査だけでなく保証会社の審査、警察庁データベースへの問い合わせなど、さまざまな段階を踏んだうえで審査結果が出ます。

銀行カードローンの審査には警察庁データベース照会がある

だからこそ銀行カードローンは貸し倒れリスクを回避できたり、金利も低く設定できたりします。

とはいえ銀行カードローンに申し込んだものの「すぐにお金を借りられると思っていた」「お金が欲しいのに即日融資されていない」と、あとから困るのは避けたいところですよね。

前もって「この日くらいまでにお金を用意したい」ということを明確にして、申し込み手続きは余裕を持って行うようにしてください。

通常の申込みよりも限度額が低くなる可能性がある

専業主婦がカードローンの貸付条件をクリアして申し込みをしても、利用限度額は低めに設定される可能性があります。

たとえば利用限度額の上限が100万円のカードローンに申し込みをしても、必ず100万円に設定されるわけではありません。

カードローン会社は自身に安定収入がある方と比べて、専業主婦は返済能力が欠けると判断するからです。

なお利用限度額は審査結果連絡のタイミングで分かります。

また専業主婦が生活費や返済などのすべての支払いを配偶者の収入で行うことを考慮したうえで、具体的な金額が決まります。

配偶者貸付を利用するなら夫に内緒の借り入れは難しい

配偶者貸付でカードローンに申し込む場合、配偶者の了承を得ることが利用条件です。

また配偶者貸付の必要書類でも伝えましたが、配偶者貸付を利用するには配偶者貸付に関する同意書を提出しないとなりません。

「同意書は自分で書けばいい」「専業主婦で在籍確認もないから配偶者に内緒にできる」と思わないでください。

なぜなら配偶者貸付では、配偶者の収入が審査のベースになるからです。

カードローン会社からの在籍確認の電話も、配偶者の勤務先あてに行われます。

カードローンの申し込みを知らない配偶者が在籍確認の電話に対応した場合、夫婦間でトラブルに発展する可能性もあります。

配偶者貸付を利用するなら、必ず夫に相談してください。

FP飯田FP飯田
銀行カードローンは、消費者金融に比べて時間がかかります。余裕を持って申し込むことが大切です。配偶者貸付を利用する場合には、配偶者である夫の収入証明を提出しばければなりませんし、同意も必要です。よく、「夫にバレずに借りる方法は~」などの話しが行き交っており、バレないノウハウも公開されています。ただ、基本、夫に知られずに借りるのは不可能です。夫には、正直に話し、自分の責任で借りることが大切です。

専業主婦がお金を借りるのにおすすめのカードローン4選

専業主婦がお金を借りるのにおすすめのカードローンを紹介します。

  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • セブン銀行カードローン
  • ベルーナノーティスカードローン

それぞれのカードローンで特徴や強みは異なります。

その中から自身の利用しやすいカードローンを見つけて申し込んでみましょう。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、年3.8〜13.8%の金利が魅力です。

またイオン銀行ATMだけでなくローソンATM、イーネットATMなどの利用手数料が24時間365日無料になるメリットもあります。

イオン銀行カードローンは、新規申し込みの方、かつイオン銀行普通預金口座を持っていればローンカード受け取り前に振込融資を利用できます。

消費者金融カードローンのように即日融資に対応していませんが、早めに融資を受けたい専業主婦の方に便利です。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは年1.9%~14.5%の金利設定です。

楽天銀行の口座開設と楽天銀行カードローンの契約を同時におこなえば、借り入れ日の翌日から30日間利息0円で利用できる特典もあります。

つまり借り入れから30日以内に完済すれば、余計な負担を心配することなく借入可能です。

また申し込みから必要書類の提出、融資契約までの手続きをWEB完結でおこなえます

「家事や育児でなかなか時間を確保できない」という専業主婦の方も、WEB完結であれば自身の都合のいいタイミングで手続きができて便利です。

楽天銀行スーパーローンについて詳しくは『楽天銀行スーパーローンの審査難易度を徹底分析!審査落ちの原因も解説』の記事をご確認ください。

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌日
  • 会員ランクにあわせて審査優遇
  • 審査結果は最短翌日回答
  • 安心の金利年1.9%~14.5%
※すべての人が審査優遇されるわけではありません

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、最短2営業日で借り入れ可能、利用限度額で適用金利が固定される特徴があります。

  • 10万円/30万円/50万円:年15.0%
  • 70万円/100万円:年14.0%

収入がない専業主婦の場合、年15.0%の金利が適用される可能性が高いでしょう。しかし借り入れ前に具体的な金利が分かるので、返済シミュレーションをおこないやすいです。

またセブン銀行カードローンなら、セブン銀行ATMの利用手数料がかかりません。

最寄りのセブンイレブンで、買い物ついでに借入も返済もできます。

ベルーナノーティスカードローン

ベルーナノーティスカードローンは、通販大手のベルーナグループが提供するカードローンです。

公式サイトにも専業主婦の方でも融資可能と記載があります。

またベルーナノーティスカードローンでは、総量規制の例外貸付となる配偶者貸付を利用できます。

収入のない専業主婦でも、配偶者に安定収入があれば融資可能な制度です。

その他にベルーナノーティスカードローンを初めて利用する方、完済後再度の利用が14日間利息0円になります。

無利息期間中に完済することで、金利の低いカードローンを利用するよりもお得になる可能性があります。

FP飯田FP飯田
お勧めの4つのカードローンの特徴を知り、それぞれどのような内容になっているのか、知ることから始めて下さい。その中で注目すべきは、利便性です。借りることばかりに関心をよせる人が多いのですが、大切なのは借りた後。返済時の手数料はかかるのか、どこで返済できるのかも確認しておきましょう。カードローンのなかには無利息期間を設けているところもあります。無利息期間の有無、金利等も、確認しておきましょう。

専業主婦がカードローンでお金を借りるときのポイント

専業主婦がカードローンでお金を借りる場合、以下7つのポイントを確認しておいてください。

  • 個人信用情報を確認しておく
  • 希望限度額を50万円以下で申請する
  • 必要書類の用意と提出に不備がないようにする
  • 虚偽の申告をしない
  • 同時期に複数のカードローンに申し込まない
  • カードローン会社からの連絡に必ず対応する
  • ムリのない返済計画を立てる

それぞれ具体的に解説していきます。

個人信用情報を確認しておく

信用情報に問題があると審査落ちの原因になる

申込者の個人信用情報の内容をチェックされるカードローンの審査では、これまでに金融事故を起こしていると通過は厳しいです。

自分自身で個人信用情報の内容に大きなトラブルがないと自覚していれば、特に問題ありません。

しかし不明だったり曖昧だったりする場合、自分で開示請求(個人信用情報の内容を確認)をするなどしてください。

個人信用情報とは、信用情報機関で保管・管理する情報です。今までのクレジットカードやカードローンの利用履歴を記録した情報で、カードローンにかぎらず信用取引の審査で必ず照会されます。

借金があることは決して悪いことではありません。しかし借金の返済を行っていなければ個人信用情報に事実が登録されて、新たな借金の契約は難しくなります。

スムーズにカードローンを利用するためにも、事前に個人信用情報の内容をチェックしたうえで申し込み手続きをしましょう。

希望限度額を50万円以下で申請する

カードローンの申し込み手続きをする際に、提出する希望利用限度額は50万円以下で申請しましょう。基本的に希望利用限度額50万円以下を希望した場合、収入証明書類の提出は不要だからです。

その他に専業主婦にかぎらず、高額な利用限度額を希望すると審査が厳しくなります。自身の返済能力を超えた金額を借り入れれば、返済不能に陥る可能性を高めるだけです。またカードローン会社からも返済能力を疑われてしまうでしょう。

審査通過の可能性を少しでも上げたいのであれば、なるべく少なめの利用限度額を希望することは大切です。利用限度額は後に増額できる機会もあるので、新規申し込み時は使用する範囲内におさめた金額で提出してください。

必要書類の用意と提出に不備がないようにする

カードローンの申し込み時に必要な書類を不備なく提出することは、審査通過の可能性を上げるために重要です。

必要書類は運転免許証や健康保険証、パスポートやマイナンバーカードをはじめ、決められた書類の中から提出できれば問題ありません。

そこで自身の名前や生年月日に加えて、住所は正しく記載されているかの確認を怠らないことが大切です。

もし提出書類と申し込み時に申請した情報に相違点があれば、差し戻しになったり審査結果に影響したりする可能性もあります。

書類が用意できたら、サイトにアップロードして提出するカードローンが多いです。

そのときに画像のぼやけや光の反射、サイズ感に注意しましょう。

そして画像の鮮明さなども忘れずにチェックして、不備がない状態でカードローン会社に提出してください。

虚偽の申告をしない

カードローンの申し込み時に入力する内容は、虚偽なしの事実のみ申請してください。もし審査中に虚偽が発覚すれば、その時点で審査打ち切りとなります。

審査打ち切りとは審査落ちの状態です。

無担保・無保証のカードローンは、どのくらいのお金を貸すか、融資しても大丈夫かどうかの判断は申込者の信用で判断せざるを得ません。

申請内容に虚偽があれば信用を失うことは避けられないため、お金を貸して欲しいと言われても貸せる状態にならないのです。

なおカードローンで申請する情報の例としては、以下が挙げられます。

  • 氏名
  • 年齢
  • 配偶者の年収や月収
  • 配偶者の勤続年数(勤続期間)
  • 他社借入件数
  • 他社借入残高

「何としてもお金を借りたい」という気持ちから嘘をつきたくなる方もいるかもしれません。

しかし提出書類や個人信用情報の内容から、虚偽が発覚する可能性があります。

どうしても審査に通過する自信がないのであれば、虚偽の申請をするのではなく自分自身や配偶者の状況を変えることを考えましょう。

同時期に複数件のカードローンに申し込まない

同時期に複数のカードローンに申し込むことで、審査に悪影響を与えてしまいます。

他社にも申し込もうか悩む女性
A社のカードローンに申し込んだけれど、審査落ちしたときのためにB社も申し込もうかしら
複数社に申し込もうと思っている女性
複数のカードローン申し込めばどこかの審査は通るはず

審査落ちしたときの保険の意味も含めて、同時期に複数のカードローンに申し込みたくなる方もいるでしょう。

しかしカードローンなどの信用取引の審査に申し込んだ事実は、信用情報機関の加盟業者間で情報共有されています。

たとえばA社が審査を行う中で申込者の個人信用情報を確認します。

その後すぐにB社が個人信用情報を確認した場合、A社で申込者の信用情報を確認したこと(信用取引の審査を受けている)が発覚するのです。

信用情報を確認した男性
複数件のカードローンに申し込むほど金銭的余裕がないのだろうか・・・
借りるだけ借りて後に自己破産をするのではないか・・・

同時期に複数件申し込むと、カードローン会社から、上記のように疑われる可能性が高いです。

複数件が具体的に何件以上なのかは明確にされていません。

しかし審査落ちのリスクを少しでも回避したいのであれば、同時期にカードローンの審査を受けるのは避けてください。

なお個人信用情報で信用取引の審査に申し込んだ事実が確認できるのは6ヶ月間です。

審査に落ちても通過しても、1度審査を受けたら次は6ヶ月が経過してから新規申し込みをするようにしましょう。

カードローン会社からの連絡に必ず対応する

カードローンに申し込みをすると、カードローン会社から何度か連絡が入ります。

そこで連絡に対応しないと、利用意思の確認をはじめ必要事項の確認ができません。

場合によっては審査通過に影響を与えたり、審査完了までに時間がかかったりする可能性があります。

スムーズにカードローンを利用するためにも、申し込みをしたらカードローン会社からの連絡に対応できるように状況を整えておいてください。

またカードローンの契約が成立した後に、決められた期日に返済できない可能性があります。

そのときもカードローン会社からの電話連絡を無視せずに、いつまでに返済できるということを伝えてください。

意思表示をして決められたとおりに返済すれば、大きな支払いトラブルに発展することはないでしょう。

無理のない返済計画を立てる

スムーズに借金返済をするには、現状を把握して無理のない返済計画を考えることが大切です。

  • 現状:毎月の収入と支出
  • 無理のない返済計画:毎月どのくらいならば返していけるのか

日々の生活の中では、生活費などのさまざまな支出があります。

その中から、返済可能な金額を捻出して支払っていかないとなりません。

毎月の収入に対して、どのくらいの返済であれば生活に影響を及ぼさないかをしっかりと考えてみてください。

そうすることで収入と返済のバランスが崩れることもなくなります。

また返済計画を立てることで、携帯電話料金などの毎月支払っている一定の固定費を見直せる可能性もあります。

その結果、手元に残せるお金が増えたら繰り上げ返済をして早いうちに借金完済ができる可能性も出てくるでしょう。

FP飯田FP飯田
カードローンに限らず、金融機関からお金を借りるときは、信用情報機関の情報に「キズ」があると、借りることはできません。その他、入力情報の間違い、嘘に申告などがあった場合は審査に通りません。ここで大切なのは、うっかり間違えてしまうこと。わざと嘘をつくのは問題外ですが、単純に間違ってしまっても審査に落ちてしまうことがあります。入力した後は再度確認し、間違いがないか、チェックしてから申し込みましょう。

専業主婦がカードローン以外でお金を借りる方法

専業主婦がカードローンの審査に通過しなかったとしても、お金を借りる手段を断たれたわけではありません。

以下で紹介する方法を選ぶことで、お金を借りられる可能性はあります。

  • 生命保険の契約者貸付制度
  • 生活福祉資金制度
  • 定期預金担保貸付
  • クレジットカードのキャッシング
  • 換金価値のあるものを質入れする

それぞれの方法について詳しく案内します。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険の契約者貸付制度を利用すれば、本人に収入のない専業主婦でもお金を借りられます。

生命保険契約者貸付制度とは、加入する積立型生命保険における解約払戻金を利用する貸し付けです。

解約した際に保険会社から支払われる解約返戻金を担保にしてお金を借ります。

審査不要で生命保険を解約する必要もありません。

しかし解約返戻金を崩すことから、返済が遅れると将来的に元本割れするリスクが発生します。

生命保険の契約者貸付制度を利用したい場合、証券番号が記載された保険証券を用意しましょう。

そして必ず契約者本人がコンタクトセンターや店舗窓口に問い合わせをして、手続きを進めてください。

生活福祉資金制度

生活福祉資金貸付制度とは、収入が低くて生活が困難な方などを経済的に支援する公的融資制度です。

総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類の中から、それぞれの目的に合った制度を選んで利用します。

注意点として生活福祉資金貸付制度は申し込み時に、管轄となる社会福祉協議会に多くの書類提出が必要です。

申し込みから融資開始までの時間も長く、審査結果が届くまでに4週間程度かかるケースもあります。

また生活福祉資金貸付制度には、以下のようにいくつかの申込条件があります。

条件を満たしていない場合、制度の利用はできません。

  • 低所得者世帯:収入が少ないことを理由に消費者金融・銀行から借入ができない世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者がいる世帯
  • 障碍者世帯:身体障害者手帳・療育手帳・精神障碍者保健福祉手帳を持っている者、または同等の者がいる世帯

定期預金担保貸付

金融機関に定期預金をしているのであれば、預金を担保にしてお金を借りられます。

もちろん審査不要なので、専業主婦でも問題なく利用できます。

定期預金担保貸付とは、その名のとおり定期預金を担保にしてお金を借りる制度です。

借入可能金額は、定期預金の預入金額の90%が上限となります。

ただし定期預金担保貸付を利用できるのは、以下に該当することが条件です。

  • 定期貯金の口座を開設している
  • 担保にできる定期預金の残高がある

あくまでも担保自動貸付という名称で、口座を持っているだけでは担保と認められません。

預入残高があることが利用条件となるので注意してください。

クレジットカードのキャッシング

保有済のクレジットカードにキャッシング枠が付帯していれば、審査不要でお金を借りられます

銀行やコンビニのATMから利用限度枠の範囲内で現金を引き出してください。

ただしキャッシング枠はショッピング枠と比べて、18.0%程度と金利設定が高めです。

利用方法を間違えると利息の負担が大きくなって返済不能に陥る可能性もあります。

また1回払いでも利息が発生し、借り入れ日数と借入残高に応じて利息が変動します。

借り入れが長期化すると利息が膨らみやすいので計画的な利用が必要です。

換金価値のあるものを質入れする

ブランドアイテムや家電などといった換金価値のある品物を質屋に担保として預けて、お金を借りる方法もあります。

質屋なら預ける品物に応じたお金を借りられる

質屋に品物を預けてお金を借りるまでの一般的な流れは以下を参考にしてください。

  1. 品物を持って質屋に来店
  2. 質屋の専門家が品物を鑑定
  3. 査定額と借り入れ可能金額の提示と確認
  4. 査定額に納得したら融資契約の成立
  5. 質屋にて個人情報の登録と本人確認書類を提出
  6. 本人確認終了後、品物を質屋に渡して現金を受け取る

お金を借りる際に質札(しちふだ)と呼ばれる書類を渡されます。

後日借りたお金と利息を用意して、品物を返してもらうときに必要なので捨てずに保管しておいてください。また査定額に納得できなければ、品物を預けずにお断りしても問題ないです。

質入れすることで、担保として預ける品物の価値に応じたお金をすぐに借りられます。

決められた期日までに借りたお金を返済できなければ、預けた担保は戻らないだけです。

商品を失うリスクはあるものの、換金価値のある品物があれば誰でもお金を借りられる方法でしょう。

返済ができなかったとしても質屋側には損失がないので、取り立てや催促は一切ありません。

FP飯田FP飯田
カードローン以外に借りられないか、身の回りのチェックも忘れずに!ここで取り上げたものは、ほぼカードローンより低金利なものばかりです。また、借りるのではなく、現金を作る方法も考えてみましょう。要らなくなった本やCD・DVD等は売却して現金化する、オークションサイトも利用できます。また、ブランドバッグ等は買い取り専門店や質屋で現金化しても良いでしょう。現金で準備できない分だけ借りれば、返済も楽になりますよ。

まとめ

専業主婦がカードローンを利用する場合、消費者金融カードローンは総量規制を理由に契約が難しいです。

しかし銀行カードローンや配偶者貸付を利用すれば、お金を借りられる可能性はあります

ただし専業主婦の場合、希望利用限度額が低くなることは避けられません

また配偶者に内緒でお金を借りるのは難しいでしょう。

もしカードローンの審査に通過しなかったとしても、有担保の方法でお金を借りることは可能です。

そして可能であれば、自身の属性を上げて(パートで働くなど)、後日改めてカードローンの審査に挑んでみてもいいのではないでしょうか。