みずほ銀行カードローンの審査時間を最短にする方法と審査落ちの原因を紹介

投稿日:2021.04.30 更新日:2021.10.05
みずほ銀行カードローンの審査時間とは
カードローンの審査に落ちた30代男性
みずほ銀行カードローンの審査時間はどれくらいかかるの?

みずほ銀行カードローンの審査にかかる時間は、最短翌営業日以降

ただし最短翌日に審査回答をもらうためには、申込時に注意すべきポイントがあります。

そこでこの記事では、以下の4点をお伝えしていきます。

  • みずほ銀行カードローンの審査時間
  • 最短でみずほ銀行カードローンから融資を受ける方法
  • みずほ銀行カードローンの審査をスムーズに通過するポイント
  • みずほ銀行カードローンの審査に落ちる原因8つ
宮城
これからみずほ銀行カードローンに申し込む方は、この記事で紹介する審査回答を最短にする方法を実践してみてくださいね。

まずは、みずほ銀行カードローンの審査結果がわかるまでにかかる時間を確認しておきましょう。

この記事の執筆者【ライター】宮城
証券外務員2種の資格を持っています。 親の借金で両親の離婚、相続放棄を経験。 家族の借金問題で苦しんだ経験をばねに、お金の賢い使い方を日々勉強中です。 みなさんのお金の悩みや不安を少...
この記事の監修者【FP】安部智香
1967年生まれ。京都市在住。 短大卒業後、証券会社に勤務。 証券会社在職中は、約500名のお客様の資産運用のアドバイスを担当。 結婚退職後は、証券会社在職中に得た知識を活かし投資に...

みずほ銀行カードローンの審査時間は最短翌営業日

みずほ銀行カードローンの審査結果の回答は、最短翌営業日

みずほ銀行カードローンの場合、審査結果が出るまでの期間も申込方法によって異なります。

申込方法 審査回答までの時間
インターネット
(パソコン・スマートフォン)
翌営業日以降
店頭 翌々営業日以降
郵送 申込書到着後、翌々営業日以降
電話 申込受付後、翌々営業日以降

上の表からも分かるように、インターネット(以下、WEB)からの申込が最短の方法です。

WEB以外の方法で申し込むなら、申込から審査結果の連絡までには2日以上かかると考えておきましょう。

みずほ銀行カードローンの申込を検討中の方は、WEB申込がおすすめですよ。

なお審査結果の連絡方法は、申し込み方によって異なることに注意してください。

みずほ銀行カードローンの審査結果の通知方法

申込方法ごとの審査結果の通知方法を、以下の表にまとめました。

申込方法 通知方法
希望利用額で審査に通った場合 希望より低い利用限度額審査で審査に通った場合 審査に落ちた場合
WEB
(パソコン・スマートフォン)
メール メール メール
郵送
(メールオーダー)
郵送 郵送 郵送
電話 電話+郵送 郵送 郵送
店舗 郵送 郵送 郵送

上記からわかる通り、WEB以外には郵送で通知されます。

WEB申込なら審査結果がメールで通知されるので、審査結果を待っている時間を圧倒的に短縮できますよ。

FP安部FP安部
時間を短縮したいなら、やはりWEBでの申し込みがいいでしょう。

みずほ銀行カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
10万円~800万円 年2.0%~14.0% 最短翌営業日 最短翌営業日
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし

口コミからわかるみずほ銀行カードローンの審査時間

フィンクル編集部が行ったアンケート調査の結果をもとに、みずほ銀行カードローンに申し込んだ方の審査時間にまつわる口コミをまとめました。

審査には時間がかかったが、キャッシュカードが届いたあと、特に不自由なく使いやすかった。


35~39歳/女性/正社員/年収300万円以上400万円未満
申込完了から審査結果を受け取るまでにかかった時間:2日以上

かなり満足しています。審査が翌日になった事に多少の不満があります。


55~59歳/女性/正社員/年収200万円以上300万円未満
申込完了から審査結果を受け取るまでにかかった時間:2日以上

オンラインと電話確認のみで完了しましたが、審査日数が結構かかったのが微妙でした。


25~29歳/女性/アルバイト/年収100万円以上200万円未満
申込完了から審査結果を受け取るまでにかかった時間:2日以上

メガバンクのため安心して借りられるが、承認に時間がかかった印象。


35~39歳/男性/正社員/年収500万円以上
申込完了から審査結果を受け取るまでにかかった時間:2日以上

口コミを見ると、審査通過後のサービスの満足度は高い傾向にありました。

ところが、大手消費者金融カードローンや他行の審査時間と比べると、みずほ銀行カードローンの審査時間を長く感じる方もいたようです。

ただしみずほ銀行カードローンの審査時間を最短にする流れさえ押さえておけば、審査回答を最短翌営業日にできますよ。

次にみずほ銀行カードローンの審査時間を最短にする方法を、徹底解説していきます。

みずほ銀行カードローンの有無で最短の申込方法が異なる

みずほ銀行のキャッシュカードの有無で、みずほ銀行カードローンから最短で借入する方法が異なります。

それでは、みずほ銀行のキャッシュカードがある場合の最短の申込方法から見ていきましょう。

【みずほ銀行キャッシュカードあり】WEB申込が最短

みずほ銀行のキャッシュカードを持っているなら、WEB申込が最短の方法です。

なぜなら、手元のキャッシュカードにカードローンの機能が追加されるため、新たにカードを作成する手間が発生しないからです。

申込からカードローンが利用できるようになるまで、およそ7~10日前後かかります。

みずほ銀行のキャッシュカードを持っていない人は、次に紹介する方法でみずほ銀行の普通預金口座を開設しましょう。

【みずほ銀行キャッシュカードなし】店頭申込が最短の方法

みずほ銀行のキャッシュカードを持っていないなら店頭申込が最短の方法。

なおWEB普通預金口座同時申込は、融資スピードが店頭申込より遅いです。

というのもWEB普通預金口座同時申込は、みずほ銀行と申込者の間で郵送のやり取りが発生するからです。

そのため、みずほ銀行キャッシュカードを持っていないなら、店頭で申し込みましょう。

ただし新型コロナウイルスの影響で予約受付となっている店舗もあるので、みずほ銀行の窓口へ行く前に、来店日時を電話で予約し、持参する必要書類を改めて確認してから来店しましょう。

店頭で申し込むならキャッシュカード兼用型がおすすめ

みずほ銀行カードローンを店頭で申し込む際には、キャッシュカード兼用型かカードローン専用型カードか、どちらか選ばなければなりません。

おすすめは、キャッシュカード兼用型です。

その理由は以下の3つ。

  1. キャッシュカード兼用型のほうが自動的に付加される機能が多いから
  2. 兼用型カードは見た目はただのキャッシュカードだから
  3. カードローン専用型は受取に1~2週間かかるから

カードローン専用型にこだわりがなければ、キャッシュカード兼用型を選択しましょう。

FP安部FP安部
キャッシュカード兼用型の方が、早く受け取れて便利に利用できそうですね。

続いて、みずほ銀行カードローンの審査時間をスムーズに通過するポイントを解説していきます。

みずほ銀行カードローンの審査をスムーズに通過するポイント3つ

上記の流れから、みずほ銀行カードローンの審査時間を短くするポイントは以下の3つです。

  1. 土日祝を避けて申し込む
  2. 在籍確認の電話に自分で対応する
  3. メールや電話の受信内容の設定を見直す

では、ポイントを順番に解説していきます。

土日祝に申し込むと審査時間が長くなる

審査時間を短くしたいのであれば土日祝日を避けて、平日の朝8時~9時に申し込むのが狙い目です。

なぜなら、銀行休業日の土日は審査が行われないから。

つまり土日祝日にみずほ銀行カードローンへ申込んだ場合、平日に申し込むよりも確実に審査時間が長くなるのです。

とくに下記の時間は混み合うことに注意しましょう。

【申込が混みあうタイミング】
  •   平日の12時台~13時台
  •   平日の18時以降
  •   土日祝
  •   月末
  •   連休前
  •   大型連休
  •   年末年始と年末年始の前後

在籍確認の電話に自分で対応する

在籍確認を一番早く終わらせる方法が、自分で電話に出ること。

在籍確認とは、申込者本人が勤務先に在籍しているかどうかを確認する作業のこと。

みずほ銀行カードローンの場合、基本的には電話で申込者が在籍しているか確認します。

申込者が噓の収入や職業で申し込んでいないかを確認するために、在籍確認が必須になるのです。

自分で在籍確認の電話に出ることで、第三者に疑われる可能性も減らせますよ。

メールや電話の受信設定を確認しておく

申込の前後で、電話とメールの受信設定を確認することをおすすめします。

具体的には、以下の事項をチェックしてみてください。

  • 登録していない電話番号を着信拒否の設定にしていないか
  • みずほ銀行からのメールを迷惑メールに分類する設定にしていないか
  • メールの受信設定でドメイン指定※していないか
    ※ドメイン指定とは、指定したメールアドレス以外からのメールを受信しないようにする設定のこと。
FP安部FP安部
手続きをスムーズに進めるためにも、書類の不備や、電話・メールの通知を確認するなど自分でも気をつけたいですね。

ここまで、みずほ銀行カードローンの審査時間を短くするポイントを3つ紹介しました。

次にご紹介するみずほ銀行カードローンの審査が長引く原因8つを取り除けば、格段に審査結果を受け取る日を最短翌営業日に近づけられますよ。

みずほ銀行カードローンの審査が長引く要因8つ

みずほ銀行カードローンの審査結果の連絡が遅れる主な理由として、以下の8つが挙げられます。

  1. みずほ銀行の普通預金口座がない
  2. 申込内容に不備がある
  3. 借入希望額が高すぎる
  4. 他社借入件数が多い
  5. 他社借入金額が多い
  6. 在籍確認が取れていない
  7. 提出書類に不備がある
  8. みずほ銀行カードローンの審査部署が混雑している

それぞれ詳しく説明していきます。

みずほ銀行の普通預金口座がないと審査が長引く

みずほ銀行の普通預金口座がないと、審査結果の連絡が遅れる可能性があります。

みずほ銀行の普通預金口座を持たない人の場合、みずほ銀行が申込者の個人情報を一から把握しなければならないからです。

一方で、既にみずほ銀行の普通預金口座を持っている人なら、ある程度の個人情報が銀行側もわかっています。

さらに口座の利用実績があるため、審査時間の短縮につながると考えられるのです。

みずほ銀行カードローンの申込内容に不備があると審査が長引く

申込情報に不備があると審査が長引く原因になる

みずほ銀行カードローンに申し込むとき、入力した情報に誤りがあると審査が長引いてしまいます。

入力情報に不審な点があると、本当に申込者自身が申し込んでいるのか、信用できなくなるからです。

すべての情報を入力してボタンを押すと確認画面に移ります。

このとき、誤った情報を入力していないかどうか確認画面で必ずチェックしてください。

急いでいるからといってチェックを怠ると、審査時間が長引いてしまうかもしれませんよ。

契約希望額が高すぎると審査時間が長くなる

必要以上の希望額だと審査が長引く原因になる

契約希望額が高額すぎると、みずほ銀行カードローンのの審査が長引く原因になります。

銀行カードローンは銀行独自の基準で、年収による貸付額の制限を行っています。

そのためみずほ銀行の規制を上回ると、審査が難航して結果通知が遅くなる可能性があるのです。

契約希望額の目安として、自分の年収3分の1以上の金額を希望しないよう気を付けましょう。

というのも消費者金融の場合は、申込者の年収3分の1を超える額の貸付を、総量規制というルールによって禁止しているから。

銀行カードローンは総量規制の法的規制はありませんが、総量規制をひとつの基準にしていると考えられるのです。

他社借入件数が多いと審査が長引く

借入件数や他者借入残高が多いと審査が長引く

他社借入の件数が多いと、みずほ銀行カードローンの審査が慎重になり長引く原因になります。

また、他社借入が多いと見なされた人は、みずほ銀行から「手当たり次第に借りようとしているのでは?」と思われ、審査に通る可能性が低くなってしまうのです。

他社借入が多い方は、借り入れ先を整理してからみずほ銀行カードローンへ申し込みましょう。

他社借入金額が多いと審査時間が長くなる

他社の借入件数が少なくても、他社借入額が高額だと、みずほ銀行カードローンの審査時間が長くなります。

先にお伝えした通り、みずほ銀行カードローンは独自の規制ルールのもとで貸付額を決めているため、他社借入が多い申込者には、みずほ銀行カードローンが貸せる枠が残っていない可能性もあるのです。

他社借入額が年収3分の1に近い場合、まずは他社借入を減らしましょう。

在籍確認が取れていないと審査が進まない

みずほ銀行カードローンの審査では在籍確認が必須のため、在籍確認がとれないと審査が終わりません。

たとえば会社が休業の日に申し込むと、審査担当者が在籍確認の電話をしても誰も電話に出られないので、審査が翌日に持ち越されてしまうのです。

在籍確認とは、みずほ銀行カードローンに申し込んだ人が本当に安定した収入を得ているのかを確認するために行われる審査のこと。

基本的には、申込の際に記入した勤務先に審査担当者が銀行名または個人名で電話連絡をして、ローン名を明かさずに行われます。

この在籍確認を一番スピーディーに終わらせる方法が、自分で電話に出ることです。

みずほ銀行カードローンから最短でお金を借りたいなら、自分で在籍確認に対応できるタイミングを見計らって申し込むことをおすすめします。

本人が電話に出られなくても在籍確認は終わる

みずほ銀行カードローンの審査担当者から職場にかかってくる在籍確認の電話は、自分以外のスタッフが対応して、申込者本人の在籍が確認できた場合でも完了します。

例えば、「〇〇は現在席を外しております」などの回答があればOK。

もし職場の方が自分の名前を知らない可能性がある場合は、あらかじめ職場の方に在籍確認の電話があることを伝えておくなど、事前に対策を立てておきましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認について詳しく知りたい方は、『みずほ銀行カードローンの在籍確認はなしにできる?具体的な内容と対策を紹介』の記事を読んでみてくださいね。

提出書類に不備があると審査時間が長くなる

書類提出に不備があると審査が長引く

みずほ銀行カードローンに申し込む際、提出する本人確認書類に不備があると、審査時間が長くなります。

申込手続きに必要な書類が不足していたり提出書類が間違っていたりすると、再提出を求められて審査にさらに時間がかかってしまうケースもあるのです。

みずほ銀行カードローンに申し込む前に、以下の必要書類がそろっているか確認してください。

  1. 本人確認書類
  2. 本人の収入証明書類のコピー※利用限度額が50万円以下の場合は不要

上記の書類について、詳しく解説していきます。

本人確認書類

みずほ銀行カードローンの申込時には、下記の本人確認書類からいずれか1通を用意してください。

ただし、本人確認書類は氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限ります。

  • 運転免許証
  • パスポート(写真および住所のページ)
  • 印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 住民票
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

印鑑証明書、住民票は、発行後3ヵ月以内のものを用意してください。

さらに、運転経歴証明書は、2012年3月31日以前の発行分は本人確認書類として取り扱いできません。

外国人の方は、永住許可を受けていることが確認できる書類の提出が必要です。

続いて、本人の年収を確認できる書類について説明していきます。

本人の年収を確認できる書類のコピー

みずほ銀行カードローンの申込時に本人確認書類と一緒に提出する本人の年収を確認できる書類は、下記からいずれか1通選び、コピーを1部用意してください。

ただし利用限度額が50万円以下の場合は、本人の年収を確認できる書類は不要です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)

個人事業主、会社経営者の方は、住民税決定通知書または課税証明書あるいは納税証明書(その1・その2)を提出してください。

必要書類を撮影して提出する場合は、はっきりと写っているか確認してからアップするよう注意しましょう。

みずほ銀行カードローンの審査部署が混雑していると審査が長引く

みずほ銀行カードローンの申込が集中しているときは、審査結果が出るまでに通常以上に時間がかかってしまうことがあります。

なぜならみずほ銀行カードローンの審査工程には、審査担当者による人的な審査もあるからです。

FP安部FP安部
書類の確認や在籍確認など自分できることはスムーズに進むように準備しておきましょう。

ここまで紹介した審査が長引く原因8つを取り除けば、審査時間を短縮できるはずです!
みずほ銀行カードローン

限度額 金利 審査時間 融資時間
10万円~800万円 年2.0%~14.0% 最短翌営業日 最短翌営業日
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし

それでも審査状況が場合には、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに問い合わせましょう。

審査結果が来ない場合は専用ダイヤルに問い合わせよう

みずほ銀行カードローンの審査状況を知りたい場合や、申込内容確認をしたい際には、以下のカードローン専用ダイヤルに電話しましょう。

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
0120-324-555
受付時間 平日9:00~20:00

メールやチャットサポートでは審査状況の問い合わせは受け付けていないので、審査状況が知りたい場合には、必ず電話で問い合わせてくださいね。

みずほ銀行カードローンの増額時間にかかる時間

みずほ銀行から増額案内が届いてから増額を申請しても、増額審査には3~7営業日ほどの期間がかかります。

というのも、手続きには本人確認書類や収入証明書類の提出が必要になり、審査担当者による確認作業があるのです。

みずほ銀行から増額案内がある人は増額審査に通る確率が高いので、増額審査にパスする確率を上げるためには、増額案内を待つという選択肢もありますよ。

FP安部FP安部
きちんと返済することで、信用が得られるのですね。

まとめ

みずほ銀行のキャッシュカードを持っているなら、WEB申込が最短の方法です。

一方、みずほ銀行の通帳預金口座をまだ作っていない場合には、店頭で申し込みましょう。

さらにみずほ銀行カードローンを申し込む際には、カードローン兼用型を選択したほうが審査通過後からキャッシングまでの時間を縮められます。

これからみずほ銀行カードローンに申し込む方は、この記事で紹介する審査回答を最短にする方法を実践してみてくださいね。

みずほ銀行カードローンの詳細情報

実質年率 2.0%~14.0%
限度額 10万円~800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日
対応コンビニ セブンイレブンローソンファミリーマートイーネット
申込方法 WEB、テレビ窓口、電話
申込資格
  • ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方
    ※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象です。
    ※審査の結果によってはご利用いただけない場合があります。
必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
担保・保証人 不要
借入方法 銀行振込、ATM
返済方式 残高スライド方式
返済日 毎月10日
返済方法 口座引落し、ATM、口座振込
会社名 みずほ銀行