プロミスの審査時間は長い?最短30分融資の流れを実体験コミで解説

投稿日:2021.04.09 更新日:2021.09.30
プロミスの審査時間とは
プロミスの審査に不安がある20代女性
プロミスの審査ってどれくらい時間がかかるの?
早くプロミスから借りたい30代男性
今日中にプロミスから借りるにはどうすればいい?

大手消費者金融カードローンのプロミスは、申込から融資まで最短30分と打ち出しています。

またプロミスの審査申し込みから融資実行までの時間は、アコムやSMBCモビットなど、即日融資が可能なカードローンの中でも最速です。

そのためプロミスは、急ぎでお金を借りたい人に一番おすすめのカードローンです。

ただしプロミスで申込から30分で融資を受けるためには、あらかじめ審査の内容と流れを把握しておかなければなりません。

ライター高山
ライター高山

初めまして、ライターの高山です。この記事では実際にプロミスの審査を受けた私が、プロミスの審査時間や審査時間を短くする方法について解説していきます。

なおプロミスの審査基準や、審査難易度について詳しく知りたい人は、『プロミスの審査難易度は甘い?厳しい?実体験でわかった審査落ちしない方法』の記事を参考にしてください。

まずはプロミスの審査時間が、カードローンのなかで一番短いという根拠を見ていきましょう。

この記事の執筆者【ライター】高山
ライターの高山
カードローンと契約した経験をもとに、これまで数多くの金融に関する記事を執筆してきました。 みなさんの役に立てるよう、自分の体験を通じて得たものをお伝えしていきます。...
この記事の監修者【FP】志塚洋介
証券会社で個人の資産コンサルティング業務を経験。不動産会社へ転職し管理不動産の入出金管理を行う。 その後独立し、行政書士として独立開業し、相続・遺言の手続き代行など民事を中心に、FPとしては証券...

プロミスの審査時間は他社よりも短い

プロミス_審査時間_長い_短い

プロミスはその他のカードローンと比較して、審査スピードがダントツで早いカードローンです。

大手消費者金融カードローンと比較した結果をもとに、その根拠を解説していきます。

他大手消費者金融との比較

まずは大手消費者金融カードローンの審査スピードと、融資スピードを比較した結果をごらんください。※今回の比較はすべて、公式サイトに掲載されている情報をもとに行っています。

【審査スピードの比較表】
大手消費者金融名 審査スピード
プロミス 事前審査回答は最短15秒
アコム 最短30分
SMBCモビット 最短10秒で簡易審査回答
レイクALSA 最短15秒で仮審査回答
アイフル 最短25分

※審査スピードとは、審査に申し込んでから審査結果がわかるまでの時間です。

審査のスピードを比較すると、仮審査や簡易審査を回答するまでの時間が、プロミスより短いカードローンもあるとわかります。

では次に、融資スピードを比べてみましょう。

【融資スピードの比較】
大手消費者金融名 融資スピード
プロミス 最短30分で融資
アコム 最短60分で融資完了
SMBCモビット 最短60分で融資完了
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
レイクALSA Web申込なら最短60分で融資可能
アイフル 最短60分で融資完了

※融資スピードとは、審査申し込みから実際にお金を借りられるまでの時間です。

上記の通り、審査を受けてから借入できるまでのスピードは、プロミスがナンバーワンです。

よって審査スピードと融資スピードがともに早いプロミスは、カードローンのなかで最も審査時間の短いカードローンと言えるのです。

ただしいくら審査が早くても、審査に対応している時間に申し込まなければ意味がありません。

プロミスに申し込む際は審査対応時間に注意

プロミス_審査時間_夜

即日融資が必要であれば、必ず審査対応時間内に申し込みましょう。

WEB申込なら24時間365日プロミスに申し込めますが、審査に対応してもらえる時間は限られています

プロミスの審査対応時間は9時から21時

プロミスの審査対応時間は下記の通り。

審査対応時間 9時~21時

※土日・祝日でも同様

どれだけ急いで借入が必要だったとしても、上記の時間以外は審査回答してもらえません。

即日融資が必要であれば、念のため審査対応時間が終わる1時間前には申込を完了しておいてください。

即日融資が必要でなければ、審査時間が終了した後に申し込んでも問題ありません。

審査対応時間が終わった後の夜に申し込んでおけば、翌朝すぐに審査を進めてもらえますからね。


FP志塚

プロミスは融資実行までの時間が短いのが特徴です。
ただし、申し込み方法がWEBからか自動契約機からでなければならないという点については十分注意が必要です。
また、審査対応時間も定められていますので、いつでも融資が実行されるわけではありません。
事前に申し込み条件、時間などを確認して余裕をもって申し込みを行うようにしましょう。

つづいてプロミスの審査時間を短縮するために、プロミスの審査の流れを知っておきましょう。

プロミスの審査の流れ

プロミスの審査は、下記の通り事前審査と本審査の二段階に分かれて行われています。

申込
【事前審査】
  • スコアリング
【本審査】
  • 入力内容の確認
  • 必要書類の確認
  • 信用情報の確認
  • 在籍確認
審査結果
契約手続き

公式サイトで明言している最短15秒で審査回答というのは、事前審査の審査結果のことで、本審査の結果ではありません。

事前審査と本審査がそれぞれどのような内容なのかを見ていきましょう。

事前審査の内容

事前審査では、申込者が申込の際に申告した下記の内容を数値化して審査通過の見込みがあるかを判断します。

本人情報
  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 家族構成
  4. 電話番号
    など
勤務先情報
  1. 勤務先
  2. 勤務先の住所
  3. 勤続年数
  4. 年収
  5. 勤務先の規模
    など
住居情報
  1. 住所
  2. 住まいの種類(持ち家、賃貸)
    など

上記の情報を本人の属性情報といい、それを数値化するスコアリングという作業に移ります。

スコアリング

スコアリングとは、先に解説した属性情報を数値化し、本審査を受ける基準に達しているかを確認することです。

上記の作業は、機械が瞬時に申込者の情報を読み取り進めているため最短15秒で完了します。

本審査の内容

スコアリングに通過したら、本審査に進みます。

本審査で確認する内容は主に下記の3つ。

  1. 申込情報にミスはないか
  2. 過去のローンやクレジットカードの利用実績の確認
  3. 申告した勤務先で本当に働いているかの確認

本審査は人の手で行われますので、事前審査のように15秒で回答とはいきません

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

申込情報にミスはないか

まずは申込者の入力内容に記入ミスがないかを、人の手で確認します。

入力内容にミスがあれば、申込者に電話をして入力情報について再確認するのです。

過去のローンやクレジットカードの利用実績の確認

審査担当者は、申込者がこれまでどのようにローンやクレジットカードを利用してきたのかを、信用情報機関という機関で確認します。

信用情報機関とは、個人のローン利用実績やクレジットカード利用実績(信用情報)が保管された機関のことです。

プロミスは、初めてプロミスに申し込んだ人の情報を持っていません。

そのため、信用情報機関に保管された信用情報を確認して、これまでのローンやクレジットカードの利用実績のほか、他社の借入がないかの確認が必須なのです。

なお債務整理など金融事故の記録が信用情報機関に残っている申込者であれば、ここで審査落ちしてしまいます。

申告した勤務先で本当に働いているかの確認

本審査の際には、申込者が申告した勤務先で本当に働いているかを確かめる在籍確認があります。

在籍確認の方法は、基本的に申込者の勤務先への電話連絡です。

ただ在籍確認は、電話連絡自体は申込者のプライバシーに配慮して、審査担当者の個人名で電話番号は非通知にして行われます

そのため周囲の人にカードローン会社からの電話だとバレる心配はありません。


FP志塚

早く融資を受けるためには審査がどのように行われているかを知っておくことが重要です。
審査の内容をあらかじめ把握しておき、虚偽のない範囲で審査が通りやすいように申告をすることが迅速な融資への近道となります。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 最短30分で即日融資
  • 事前審査結果は最短15秒回答
  • ポイントサービスと優待サービスでお得に利用可能
今日中に借りたいなら
あと 00時間0000
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要です。
※最短15秒事前審査は新規契約時点のご融資額上限が50万円までです。

ここまで解説した流れがすべてスムーズに進めば、最短30分で融資を受けられます。
ただし申込方法によって、プロミスの審査時間は変動するのです。

つづいて審査の対応が早い申込方法について見ていきましょう。

審査スピードが早いプロミスの申込方法は?

プロミス_審査_流れ

プロミスには下記の申込方法があり、それぞれ審査にかかる時間が異なります。

申込方法 特徴 審査にかかる時間
WEB経由で申込 インターネット環境さえあれば場所を選ばずに申し込める 最短30分以内
自動契約機で申込 その場でローンカードまで発行できる 最短30分以内
電話で申込 電話で話した内容で申込書を作ってもらえる 最短即日
郵送で申込 紙面でじっくりと内容を確認しながら申し込める 3日前後

上記の中で融資までの時間が一番短いのは、WEB経由での申込です。

融資までの時間が短いのはWEB申込

そのため、急いでお金を借りたい人はプロミスの公式サイトから申し込みましょう。

では、それぞれの申込方法について解説していきます。

WEB完結で即時借入

プロミスで一番早くお金を借りられる申込方法は、WEB完結での申込です。

というのもWEB完結を利用すれば、ローンカードを発行しないカードレス契約ができるからです。

カードレス契約なら、ローンカードを郵送で受け取る手間も自動契約機で発行する手間もかかりません。

加えて審査が終わり、金融機関口座の登録が済んだ時点で銀行振込を利用した即時振込キャッシングができるのです。

またローンカードを発行しなくても、スマホアプリを利用すればセブン銀行ATMやローソン銀行ATMを利用することで現金キャッシングも可能。

カードレス契約でも、現金キャッシングできます。

ローンカードを利用したいなら自動契約機

ローンカードを利用して借入をしたいのであれば、自動契約機の来店契約が最速です。

というのも、先に解説したWEB申込でローンカードを発行する場合は、審査に通過した後自動契約機に行ってローンカードを発行するか、郵送でローンカードを受け取る必要があるから。

それに比べて、初めから自動契約機で申し込んでいた場合は、審査通過したらその場でローンカードを発行可能

WEBから申し込んで自動契約機まで移動という手間が省けます。

電話で申込

自分で申込内容を入力するのが面倒な人は、電話での申込がおすすめです。

電話での申込の場合は、自分の情報をオペレーターに伝えてその情報に沿ってオペレーターが申込書類を作成してくれます。

そこから審査に移っていき、契約可能額が30分から1時間ほどで伝えられるとのこと。

審査通過の連絡を受けたら自動契約機に行き、本人確認書類などの必要書類を提出して契約手続きを完了させる流れです。

この申込方法は、自分で入力する手間が省ける反面、結局自動契約機に行かなければいけないため、急ぎで借入したいなら初めからWEBか自動契約機で手続きを完結させるのをおすすめします。

郵送で申込

郵送での申込は、一番時間がかかる契約方法です。

というのも紙の申込書をプロミス宛てに郵送し、ローンカードや契約書類を郵送で受け取るため、プロミス側と申込者側に郵送物が届くまでのタイムラグが生まれるからです。

郵送でプロミスとやりとりをするため、契約までに最低でも3日はかかります。
そのため急ぎの人にはおすすめできない申込方法です。


FP志塚

プロミスの契約の申し込み方法は4種類あります。
最短の30分で融資実行をすることができるのはWEBからの申し込みか自動契約機からの契約です。
中でも手軽に契約を行いたい場合はWEBからの申し込みが良いでしょう。WEBからの申し込みであればカードレスの契約もできますのでローンカードを紛失するリスクもありません。

審査時間を短くできる申込方法がわかったところで、審査にかかる時間を短くする方法を解説していきます。

プロミスの審査時間を短くする方法

プロミスの審査時間を短くする5つの方法

プロミスの審査時間を短くする方法を以下5つ紹介します。

  1. 必要書類はあらかじめ用意しておく
  2. 借入希望額を50万円以下にする
  3. 借入希望額は必要最低限にしておく
  4. 在籍確認に対応できる時間帯に申し込む
  5. 入力内容に間違いがないように確認する

では、それぞれ見ていきましょう。

必要書類はあらかじめ用意しておく

書類提出に不備があると審査が長引く

プロミスに申し込む際は、本人確認書類を用意しておきましょう。

書類の種類 該当する書類
本人確認書類
  • 運転免許証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • パスポート
  • マイナンバーカード
    ※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出する際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して提出してください。
  • 各種健康保険証+1点(例:住民票)
  • 住民票の写し
  • 住民基本台帳カード
    ※令和2年2月4日以降に申請されたパスポートには所持人記入欄が存在しないため、お取扱いできません。

上記の提出書類をあらかじめ用意しておくことで、スムーズに提出ができて審査時間の短縮にもつながります。

また、50万円以上の借入を希望する場合と他社借入と合わせて100万円を超える借入となる場合は、収入証明書類も必要となります。

収入証明書類
  • 給与明細書(最新の2ヶ月分)
  • 納税通知書(最新発行のもの)
  • 源泉徴収票(最新発行のもの)
  • 課税証明書(最新発行のもの)
  • 確定申告書(最新発行のもの)

借入希望額によっては、上記の書類もあらかじめ用意しておきましょう。

借入希望額を50万円以下にする

借入希望額を50万円以下にするだけで、審査にかかる時間を短縮できる可能性があります。

先に解説した通り借入希望額を50万円以下にすることで、収入証明書を提出する必要がなくなるのです。

実際にプロミスの公式サイトには、下記画像の通り50万円以下の借入なら収入証明書が不要と明記してあります。

そのため借入希望額を50万円以下にして申し込めば、申込者側が用意する書類も減るのです。

さらに、提出書類が減ることでプロミスの審査担当者側がチェックする書類も減らせるため、審査にかかる時間を短縮できるはずです。

借入希望額は必要最低限にしておく

必要以上の希望額だと審査が長引く原因になる

プロミスの審査にかかる時間を短縮したいのであれば、借入希望額を必要最低限にしておくことも重要です。

借入を希望する金額が多ければ多いほど、プロミスの審査担当者は慎重に審査を進めるからです。

実際「20万円貸して」「1万円貸して」では、後者の方が悩む時間は少ないはずですよね。

プロミスの借入限度額は、後からでも増額できます。

審査時間を短くすることを優先するなら、必要最低限の金額で申し込みましょう。

在籍確認に対応できる時間帯に申し込む

急ぎで審査を進めてもらいたいのであれば、自分の勤務先が在籍確認に対応できる時間帯に申し込む必要があります。

先に解説した通り、在籍確認が済まないと審査には通過できません

そのため勤務先が休業日だったり営業時間外だったりして、電話に出られない状態の場合は、後日あらためて在籍確認が行われ、審査結果もその後伝えられます。

そうなれば審査対応時間内だったとしても即日融資は不可です。

どうしても在籍確認に対応できない場合は電話で相談

プロミスに直接問い合わせた結果、どうしても電話連絡に対応できない場合は、給与明細などで在籍確認を完了させる場合もあるとのこと。

ただし、誰でも書類での在籍確認に切り替えられるわけではありません。

電話が使われているか回線確認のための電話をするケースもあります。

どうしても電話連絡での在籍確認に対応できない場合は、申込直後にプロミスに電話して、書類での在籍確認に変更できないかを相談してみましょう。

カードローンの在籍確認について、詳しくは『カードローンは在籍確認なしにできる?在籍確認が職場にバレない方法とは』の記事で解説しているので、こちらもぜひご確認ください。

入力内容に間違いがないように確認する

申込情報に不備があると審査が長引く原因になる

プロミスに申し込む際の入力内容は、間違えないように正確に入力してください。

入力内容にミスがあると、プロミスから確認の電話がかかってきます。

入力内容の再確認という内容ではあるものの、入力内容に不備がなければ電話をしている時間も審査に充ててもらえていたはず。

また年収や勤務先などを間違えていた場合は、虚偽の申告をしたと勘違いされて審査落ちの原因となる可能性もあります。

申込時の入力内容については必ず2度確認してから、申し込んでください。


FP志塚

審査時間を短くするためには、あらかじめ書類をしっかり準備しておくこと、審査に通りやすい内容で申し込みをすることが大切です。
申し込み時の入力内容もしっかり確認を行いましょう。

つづいて、審査結果がなかなか来ない時の対策を紹介します。

審査中にプロミスの審査が遅いなと思ったら

プロミスの審査回答が「遅いな」と思ったらプロミスに電話

審査結果を待っている際に、あまりにプロミスからの回答が遅いと感じたら、プロミスフリーコールに直接問い合わせてみましょう。

プロミスのフリーコール
0120-24-0365

もしかしたらプロミスから確認事項があり、審査結果を伝えられていないだけかもしれません。

その際はこちらから電話をすることで、すぐに確認してもらえます

審査が遅いと思ったら電話で確認しよう

また事前に借入を急いでいることなどを伝えておけば、優先して審査を進めてもらえる可能性もあるのです。


FP志塚

審査結果の連絡が遅い場合はこちらからアクションを起こすことも必要です。
何かの事情で結果の連絡が受けられなかっただけかもしれませんので、問い合わせしてみましょう。

つづいてプロミスと契約する際の注意点を、プロミスと契約した際の体験談を交えて解説します。

プロミスの審査回答後すぐにお金を借りる方法

プロミス_借入_即日

プロミスの審査結果がわかったあとで、すぐにお金を借りる方法は2つです。

  • 瞬フリ(振込キャッシング)
  • ATMキャッシング

それぞれの借入方法を詳しく見ていきましょう。

瞬フリ(振込キャッシング)

プロミスの振込キャッシングは、別名を瞬フリと言います。

瞬フリではその名の通り、全国約200の金融機関あての振込融資が、原則24時間365日最短10秒で完了します。

瞬フリの利用手順は以下の通りです。

会員サービスにログイン
振込先口座を登録
振込キャッシングの申込
最短10秒で振込

ただし以下の時間帯は、システムメンテナンスによって振込予約扱いになるので注意してください。

曜日 受付時間 振込実施時間
毎週土曜日 23時30分~24時 翌日8時45分~9時30分ごろ
毎週日曜日 0時~4時 当日8時45分~9時30分ごろ
18時50分~24時 翌日8時45分~9時30分ごろ
毎週月曜日 7時~8時 当日8時45分~9時30分ごろ

WEB上の手続きが面倒という方も、プロミスコールで振込依頼できるので安心してください。

プロミスコールは、元日を除き、24時間通話料無料で利用できますよ。※毎週月曜日の0時~7時はメンテナンスのため停止

ATMキャッシング

審査結果がわかったのち、プロミスの自動契約機で契約手続きを行えば、その場で発行されるプロミスカードを使って借り入れできます。

自動契約機にはプロミスATMが併設されているので、そちらを利用してください。

コンビニなどに設置されたATMを使うと、以下の利用手数料が発生します。

取引金額 手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円
ライター高山
ライター高山

瞬フリなら、スマホで申込と審査通過を確認したあとその場で振込依頼できるので、移動にも時間がかかりません。最短30分でお金を借りたいなら、WEB申込からの瞬フリを活用しましょう。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 最短30分で即日融資
  • 事前審査結果は最短15秒回答
  • ポイントサービスと優待サービスでお得に利用可能
今日中に借りたいなら
あと 00時間0000
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要です。
※最短15秒事前審査は新規契約時点のご融資額上限が50万円までです。

契約方法を間違えると即日融資できない

プロミスの審査に通過したら、契約手続きで選択を間違えないようにしましょう。

即日融資を受ける時の契約手続きの注意ローンカードを発行するなら自動契約機で受取

ライター高山
ライター高山

私がプロミスと契約した際、契約手続きの段階でローンカードの受取方法を郵送にしてしまいました。すると即日融資を受けるつもりが、ローンカードが郵送で届くまで待たなければいけなくなったのです。

契約手続き時のローンカード発行の有無や受取方法は、一度選択してしまうと変更ができません

その時もすぐミスに気付きオペレーターに電話をしたものの、「一度選択した受取方法の変更はできない」と返答されました。

どうしても変更する場合は一度申込をキャンセルして、再度審査を受けてもらうことになるそうです。


FP志塚

早く融資を受けたい場合はローンカードの有無を含め、選択項目について確認を行うようにしましょう。

つづいて、プロミスの増額審査にかかる時間を解説します。

プロミスの増額審査にかかる時間

プロミス_審査_増額

プロミスは新規申込時の他に、増額申請をした時にも審査があります。

プロミスの増額審査にかかる時間は、新規申込時と同じく最短30分。

自分の借入限度額を超える金額が必要となった場合でも、すぐに増額できる可能性があります。

おまとめローンは審査に時間がかかる

プロミス_審査時間_おまとめローン
なおプロミスのおまとめローンに申し込んだ場合は、通常のカードローン申し込みと比較して審査に時間がかかります

通常申込で必須ではない収入証明書の提出が必要になり、くわえてWEB申込もできないからです。

すでにプロミスから借入があって他社の借入をプロミスで返済したい場合は、プロミスの限度額を増額して他者からの借入を完済できないか、借入金の総額を確認してください。


FP志塚

増額の審査も新規申し込みと同様の審査時間となります。
すぐに増額できるかもしれませんので、必要な方は使い過ぎに注意しつつ検討しましょう。

最後に、プロミスと契約した後に得られるメリットについて解説します。

まとめ

プロミスはWEB経由か自動契約機での申込なら最短30分で融資という、大手消費者金融の中で最速の審査スピードを誇っています。

そのため、「とにかく急ぎでお金を借りたい!」という人にはぴったり。

さらに申し込む際に下記5つのポイントを押さえておけば、審査時間を短くできます。

  1. 必要書類をあらかじめ用意しておく
  2. 借入希望額を50万円以下にする
  3. 借入希望額は必要最低限にしておく
  4. 在籍確認に対応できる時間帯に申し込む
  5. 入力内容に間違いがないように確認する

プロミスに申し込むのなら、上記のポイントをおさえて、最短30分融資を実現させましょう。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
限度額50万円以内なら収入証明書不要
審査時間 最短30分
  • 最短30分で即日融資
  • 事前審査結果は最短15秒回答
  • ポイントサービスと優待サービスでお得に利用可能
今日中に借りたいなら
あと 00時間0000
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要です。
※最短15秒事前審査は新規契約時点のご融資額上限が50万円までです。

プロミスの審査時間に関するQ&A

ここまでに紹介したプロミスの審査時間について、Q&A方式でまとめました。

このQ&Aで、プロミスの審査時間に対する疑問や不安ををスッキリ解消しておいてください。

プロミスの審査時間はどれくらいですか?

事前審査回答は最短15秒です。また申込から借入まで最短30分で完了します。

プロミスの審査は何時から何時まで受け付けていますか?

プロミスの審査は、24時間365日受け付けています。ただし審査回答している時間は9時から21時までです。

プロミスの審査時間を短くする方法はありますか?

本人確認書類を手元に用意しておき、借入希望額を50万円以下にして申し込んでください。また自分が在籍確認に対応できる時間帯を指定するのも、審査時間を短くするポイントです。

プロミスの審査は甘いですか?

カードローンの審査が甘いかどうかは、審査を受けてみなければ判断できません。プロミスの審査について詳しく知りたい方は『プロミスの審査難易度は甘い?厳しい?実体験でわかった審査落ちしない方法』の記事をご覧ください。

増額審査にかかる時間はどれくらいですか?

増額審査にかかる時間は、新規申込の審査と同じく最短30分です。

参照・引用元一覧

内容 参照・引用元
プロミスの審査時間 プロミス公式サイト | キャッシング新規お申込み
アコムの審査時間 アコム公式サイト | カードローン、キャッシングならアコム
レイクALSAの審査時間 レイクALSA公式サイト | お借入れならカードローン・キャッシングのレイクALSA
SMBCモビットの審査時間 SMBCモビット公式サイト | カードローン、キャッシング、ローンはSMBCグループのSMBCモビット
アイフルの審査時間 アイフル公式サイト | 審査結果の連絡はどのようにして来ますか?
プロミスの申込方法 プロミス公式サイト | お申し込み方法
プロミスの収入証明書提出条件 プロミス | お申込条件と必要なもの
プロミスの増額審査にかかる時間 プロミス公式サイト | ご利用限度額変更申込