楽天銀行スーパーローンの審査が長引く要因と審査時間を最短にする方法

投稿日:2021.04.16 更新日:2021.05.06
楽天銀行スーパーローンの審査が長引く原因

楽天銀行スーパーローンには、何といってもランクに応じて審査が優遇されるメリットがあります。

さらに楽天銀行の口座を持っていなくても利用でき、初めてカードローンを利用する人におすすめのカードローンです。

ただどれくらいの審査時間がかかるか気になっている方や、申し込んでみたものの、まだ審査結果が到着していなくて、やきもきしている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、楽天銀行スーパーローンの審査時間が長くなる原因と対策を紹介し、楽天銀行スーパーローンから最短で審査回答をもらう方法をお伝えします。

まずは、楽天銀行スーパーローンの審査時間が長引く原因から確認していきましょう。

楽天銀行スーパーローンのポイント進呈キャンペーン

この記事の監修者【弁護士】松浦絢子
法律事務所や大手不動産会社、大手不動産投資顧問会社を経て独立。IT、不動産、相続、金融取引など幅広い相談に対応している。 京都大学法学部、一橋大学法学研究科法務専攻卒業。東京弁護士会所属(登録番...

楽天銀行スーパーローンの審査時間が長くなる10つの原因

楽天銀行スーパーローンの審査時間が長くなるのには、以下10個の原因が挙げられます。

  1. 申込情報に誤りがある
  2. 収入が安定していない
  3. 借入希望額が高すぎる
  4. 提出した書類に不備がある
  5. 在籍確認に対応できていない
  6. 他社借入件数が多い
  7. 他社借入金額が多い
  8. 複数のカードローンに申し込んでいる
  9. 過去にローンやクレカの支払いを滞らせている
  10. 申込が混み合っている

なぜ上記が原因で楽天銀行スーパーローンの審査時間が長くなるのか、順番に解説していきます。

申込内容に誤りがあると審査時間が長くなる

楽天銀行スーパーローンに申し込むとき、入力した情報に誤りがあると審査が長引いてしまいます。

入力情報に不審な点があると、本当に申込者自身が申し込んでいるのか、信用できなくなるからです。

楽天銀行スーパーローンに申し込むために必要な情報は以下の通り。

  1. 就業状況
  2. 生年月日
  3. 氏名
  4. 性別
  5. 自宅住所
  6. 自宅固定電話番号・携帯電話番号
  7. PC/スマートフォン用メールアドレスまたは携帯用メールアドレス
  8. 居住携帯
  9. 居住年数
  10. 家賃の支払
  11. 住宅ローンの返済
  12. ご家族の状況
  13. 扶養家族人数※任意
  14. 勤務先名称
  15. 所属部署※任意
  16. 勤務先住所
  17. 勤務先電話番号
  18. 勤務先内線番号※任意
  19. 勤務先従業員数
    (出向元・派遣元)※任意
  20. 勤務先種別(出向元・派遣元)
  21. 勤務先業種
  22. 役職
  23. 勤続年数
  24. 収入携帯
  25. 税込収入
  26. 給料日
  27. その他の職業※任意
  28. 希望の利用限度額
  29. 郵便物の送付先
  30. 利用目的※任意
  31. 利用中ローンの有無
  32. 登録口座
  33. 毎月の返済日
    (1日・12日・20日・27日から選択)
    ※27日は楽天銀行口座の引落口座に指定の場合のみ選択可能
  34. カードローン暗証番号
  35. 振込融資希望金額※任意

すべての情報を入力してボタンを押すと確認画面に移ります。

このとき、誤った情報を入力していないかどうか確認画面で必ずチェックしてください。

急いでいるからといってチェックを怠ると、審査時間が長引いてしまうかもしれませんよ。

収入が安定していないと審査時間が長くなる

収入が安定していないと、楽天銀行スーパーローンの貸付条件をクリアできないため、審査が長引いてしまいます。

楽天銀行スーパーローンの貸付条件には、”お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方”という項目があるのです。

上記の貸付条件から、毎月1回、定期的に収入があることが安定性を示すうえで大切と分かります。

ただし、安定的な収入が見込めるとしても、勤続期間が短い場合には審査に落ちてしまうこともあります。

勤続期間が短い人は給料が少なかったり、突発的に退職して収入がなくなったりする可能性がありますからね。

正社員に限らず、パートやアルバイトでも同様に勤続期間が重視されます。

確実に審査に通過したいのであれば、できるだけ勤続期間を延ばしてから申し込みましょう。

契約希望額が高すぎると審査時間が長くなる

楽天銀行スーパーローンに申し込むとき、初めに契約希望額を入力します。

この契約希望額が高額すぎると、楽天銀行スーパーローンの審査が長引く原因になるのです。

その理由は以下の2つ。

  • 借りられる金額は銀行独自の規制で決まっているから
  • 借りる金額が多いほど毎月の最低返済額が多くなるから

詳しく解説しますね。

楽天銀行スーパーローンから借りられる金額は銀行独自の規制で決まっている

消費者金融は、申込者の年収3分の1を超える額の貸付を、総量規制というルールによって禁止しています。

楽天銀行スーパーローンの審査では、消費者金融などに対する賃金業法の総量規制のような賃金上限の法的規制はありません。

しかし楽天銀行スーパーローンは総量規制と同様に、銀行独自の基準で年収による貸付額の制限を行っています。

したがって楽天銀行スーパーローンに申し込むときは、総量規制と同様に、自分の年収3分の1以上の金額を希望しないよう気を付けなければならないのです。

楽天銀行スーパーローンでは借りている金額が多いほど毎月の最低返済額が高くなる

申込時に入力する希望契約額が高くなるほど返済の負担が大きくなるため、年収に対してあまりに高額な契約希望額を入力すると、審査時間が長くなるだけでなく、審査落ちの原因になりかねません。

楽天銀行スーパーローンの毎月の返済額は、利用残高に応じて以下のように返済額が確定します。

利用残高 毎月返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円
500万円超600万円以内 60,000円
600万円超700万円以内 80,000円
700万円超800万円以内 100,000円

例えば年収300万円の人が、希望契約額50万円で申し込んだときと10万円で申し込んだときを比べてみましょう。

楽天銀行スーパーローンで40万円借りる場合、毎月の最低返済額は10,000円。

いっぽう楽天銀行スーパーローンで10万円借りる場合だと、毎月の最低返済額は2,000円。

毎月の返済額が10,000円と2,000円では、2,000円のほうがちゃんと滞りなくお金を返してもらえそうと思いませんか?

楽天銀行スーパーローンの審査を少しでもスムーズに終わらせたいのなら、必要最低限の金額を希望して申し込むようにしてください。

提出した書類に不備があると審査時間が長くなる

楽天銀行スーパーローンに申し込むとき提出する本人確認書類に不備があると、審査時間が長くなります。

楽天銀行公式サイトの提出書類には、以下の3点の提出が必要と記載があります。

  • 楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネット申込の場合は不要です)
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

しかし現在では、楽天銀行スーパーローンはインターネット申込のみしか受け付けていないので、楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書の書類提出は不要です

したがって、本人確認書類と収入証明書の2種類の必要書類を準備しましょう。

それでは、必要書類を確認しておきましょう。

本人確認書類

以下(1)、(2)のいずれか2点を提出してください。

(1)以下のうち1点 (2)以下のうち2点
  • 住民票の写し
    (原本)
  • 印鑑登録証明書
    (原本)
  • 運転免許証(裏面に変更情報がある場合、表面及び裏面)の写し
  • 健康保険証(お名前、生年月日、ご住所欄)の写し
    ※保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合は撮影前に付箋や紙片などで被保険者記号・番号などを隠してお送りください。
    (郵送の場合はマジック等で黒く塗りつぶしてお送りください。)
  • パスポート(日本国内で発行のもの。顔写真および所持人記入欄)の写し
  • その他当行が指定する本人確認書類

※本人確認書類が1点の場合、当該本人確認書類に加え、申込登録住所が記載された納税証明書または税金の領収書、社会保険料や公共料金の領収書(発行日または領収日が3ヶ月以内)のうち、いずれか1点が必要。
※本人確認書類に記載の住所が申込登録住所と異なる場合、本人確認書類1点に加え、申込登録住所が記載された納税証明書または税金の領収書、社会保険料や公共料金の領収書(発行日または領収日が3ヶ月以内)のうち、いずれか2点が必要となります。

収入証明書

どうしても収入証明書類の提出が必要な場合は、以下の書類を提出してください。

勤めている場合 自営の場合
源泉徴収票・課税証明書(所得証明書)
※収入・所得額の記載があるもの・給与明細書のいずれかの写し
課税証明書(所得証明書)
※収入・所得額の記載があるもの・確定申告書のいずれかの写し

必要書類を撮影して提出する場合は、はっきりと写っているか確認してからアップするよう注意しましょう。

在籍確認に対応できていないと審査時間が長くなる

在籍確認が終わらないと、楽天銀行スーパーローンの審査も終わらないため、審査時間が長くなります。

在籍確認とは、楽天銀行スーパーローンに申し込んだ人が本当に安定した収入を得ているのかを確認するために行われる審査のこと。

基本的には、申込の際に記入した勤務先に審査担当者が個人名で電話連絡をして、楽天銀行スーパーローンという会社名を明かさずに行われます。

この在籍確認を一番スピーディーに終わらせる方法が、自分で電話に出ることです。

ただし普通に申し込むだけでは、在籍確認の電話がいつ職場にかかってくるか分かりません。

本人が電話に出られなくても在籍確認は終わる

どうしても自分で在籍確認の電話に対応できない方も、ご安心ください。

在籍確認は、申込者本人が電話応対できず、職場の方が取られたとしても、電話の応答から申込者が在籍していることの裏付けがとれれば問題なく完了します。

例えば、「〇〇は現在席を外しております」などの回答があればOK。

もし職場の方が自分の名前を知らない可能性がある場合は、あらかじめ職場の方に在籍確認の電話があることを伝えておくなど、事前に対策を立てておきましょう。

他社借入件数が多いと審査時間が長くなる

他社借入の件数が多いと、楽天銀行スーパーローンの審査時間が長くなる原因になります。

他社借入が多いと、「この人は他社の借金の返済もあるのに、うちが貸したお金をちゃんと返してくれるのか?」と思われて当然ですよね。

その他の金融機関から一切お金を借りていない人と比較すると、審査が長引くのは間違いないでしょう。

他社借入が多い方は、すぐに返済できそうな借入先を完済してから、楽天銀行スーパーローンを検討してください。

他社借入状況はごまかさないこと

楽天銀行スーパーローンは、審査において申込者の信用情報を必ずチェックしています。

信用情報とは、これまでローンやクレジットカードを利用してきた実績のこと。

信用情報を確認すれば、他社借入件数だけでなく、他社借入金額もすべて判明するので、申込のとき記入する他社借入状況はごまかしてはいけません。

嘘の情報を入力すると、審査時間が長くなるだけでなく、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

他社借入金額が多いと審査時間が長くなる

他社の借入件数が少なくても、他社借入額が高額だと、楽天銀行スーパーローンの審査時間が長くなります。

先に紹介した通り、楽天銀行スーパーローンは独自の規制ルールのもとで貸付額を決めているため、他社借入が多い申込者には、楽天銀行スーパーローンが貸せる枠が残っていない可能性もあるのです。

他社借入額が年収3分の1に近い場合、まずは他社借入を減らしましょう。

複数のカードローンに申し込んでいると審査時間が長くなる

信用情報には、カードローンに申し込んだ履歴が、6ヶ月間記録されます。

そのため、同じタイミングで複数のカードローンに申し込むと、楽天銀行スーパーローンから「返済するあてもなく手あたり次第に申し込んでいる」と思われて、審査時間が長くなってしまうのです。

楽天銀行スーパーローンに申し込むのなら、審査の結果が分かるまで他のカードローンに申込まないようにしておいてください。

もしすでに他のカードローンに申し込み済の場合は、申込から6ヶ月あけて申し込みましょう。

過去にローンやクレカの支払いを滞らせていると審査時間が長くなる

楽天銀行スーパーローンに申し込む前に、別のローン返済を2ヶ月以上滞納していたり、クレジットカードの支払いができていなかったりすると、審査が長引いてしまいます。

楽天銀行スーパーローンから「すでに返済が困難な状況なので、貸したお金を返してくれる可能性が低い」と判断されるからです。

上記のような、ローンやクレジットカードの延滞・滞納の履歴(異動情報)は、信用情報の傷と呼ばれており、特に任意整理や自己破産などの金融事故情報がある場合は、審査落ちの原因となります。

自分の信用情報は、個人信用情報機関に開示請求することができるので、信用情報に不安がある方は、開示請求してみてください。

申込が混み合っていると審査時間が長くなる

楽天銀行スーパーローンの申込が混み合うタイミングで申し込むと、審査時間が長くなるのは避けられません。

楽天銀行スーパーローンに直接確認をとったところ、以下のタイミングは申込が増えるとのことでした。

【楽天銀行スーパーローンの申込が混み合うタイミング】
  1. 平日の12時台~13時台
  2. 平日の18時以降
  3. 土日祝
  4. 月末
  5. 連休前
  6. 大型連休
  7. 年末年始と年末年始の前後

楽天銀行スーパーローンの審査時間を少しでも短くしたいのなら、上記のタイミングで申し込むのは止めておきましょう。

おすすめのタイミングは、平日の午前中です。

さて、ここまで一気に解説した楽天銀行スーパーローンの審査時間が長くなる10個の原因をおさらいしておきましょう。

  1. 申込情報に誤りがある
  2. 収入が安定していない
  3. 借入希望額が高すぎる
  4. 提出した書類に不備がある
  5. 在籍確認に対応できていない
  6. 他社借入件数が多い
  7. 他社借入金額が多い
  8. 複数のカードローンに申し込んでいる
  9. 過去にローンやクレカの支払いを滞らせている
  10. 申込が混み合っている

審査時間が長くなる原因を知っておけば、楽天銀行スーパーローンから最短で審査結果を受け取るための準備を進められますよね。

弁護士松浦絢子
弁護士松浦

どの審査項目を重視するかは金融機関によっても異なります。ただ、過去に延滞や債務整理などがあるとローンの審査に通りにくいことが多いでしょう。
自分の登録情報に不安がある方は、JICCやCICなどの信用情報機関から登録内容を開示してもらうことができます。

では続いて、楽天銀行スーパーローンの審査が長くなる原因を回避して、最短で審査回答してもらう方法を紹介します。

最短で審査回答がほしいときに気を付けるポイント4つ

楽天銀行スーパーローンから最短で審査回答してもらうためは、先に紹介した審査時間が長くなる原因を回避しつつ、申込時に以下4つのポイントを実践すると、最短で審査回答を実現できるはずですよ!

  • 平日の午前中に申し込む
  • 希望契約額を必要最低限の額に設定する
  • 申込情報を間違えない
  • 在籍確認の電話に自分で対応する

以上のポイントを踏まえて、楽天銀行スーパーローンに申し込み、最短で審査回答をもらう流れを見ていきましょう。

インターネット申込後の審査の流れ

楽天銀行スーパーローンに申し込んだ後、最短で審査回答をもらい、借入するまでの流れは以下の通り。

平日の午前中に公式サイトにアクセス
必要情報を入力して申し込み
※内容に誤りがないか要チェック
※希望契約額は必要最低限の額を入力
審査開始
必要書類の提出
※不備が無いように!
在籍確認の電話に自分で対応
メールで審査結果の回答
契約手続き/契約完了
銀行振込で振込融資

審査回答後に最短で借入をするためには、銀行振込を依頼するのがポイント
です。

上記の流れで申込から借入まで行えば、楽天銀行スーパーローンから最短で融資を受けられますよ。

弁護士松浦絢子
弁護士松浦

金融機関にとって、勤務先の情報は重要です。ただ在籍確認は、個人情報保護との関係で対応しない会社も増えているので、書類提出で代替できるローン会社もあるようです。

ところで、楽天銀行スーパーローンより審査時間が短い貸金業者はあるのでしょうか。

「もっと早く審査結果が分かる会社があるなら、ぜひ知りたい!」という方はもう少しお付き合いください。

楽天銀行スーパーローンの審査時間は他社と比較して短い?長い?

楽天銀行スーパーローンの審査回答は最短翌日

最短翌日とは、果たして他のカードローンと比較してどれくらいの審査スピードなのでしょうか。

まずは三大メガバンクと呼ばれる3つの銀行カードローンの審査回答時間と融資スピードを比べてみました。

他行カードローンとの比較

他行3社の銀行カードローンと楽天銀行スーパーローンの審査時間を比較すると、楽天銀行スーパーローンの審査時間は短いほうだと分かります。

カードローン名 審査回答時間 融資スピード
楽天銀行スーパーローン 最短翌日 最短翌日
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
最短翌営業日 最短翌営業日
三井住友銀行カードローン 最短翌営業日 最短翌営業日
みずほ銀行カードローン 最短翌営業日 最短翌営業日

ご覧の通り、どの銀行カードローンも、審査回答に1営業日以上の時間がかかります。

なぜ審査に1日以上かかるのかというと、銀行カードローンがカードローン審査の過程で、申込者の個人情報を警視庁データベースに照会しているから。

加えて銀行カードローンの審査は、保証会社の審査と銀行の独自審査の2段構えになっているため、楽天銀行スーパーローンの審査には最低でも1日以上の時間がかかってしまうのです。

ただし楽天銀行スーパーローンの審査は土日も実施されているため、他行の銀行営業日にしか実施していない場合に比べると、楽天銀行スーパーローンは他行と比べて審査スピードが早いことが分かります。

楽天銀行スーパーローンの審査回答時間は以下の通りなので、参考にしてみてください。

平日 9:00~19:30
土日 9:00~17:30

では、楽天銀行スーパーローンより審査時間が早い貸金業者はあるのでしょうか?

もっと審査回答時間が早いほうがいいなら大手消費者金融カードローン

以下の表から分かるように、楽天銀行スーパーローンの審査回答時間は大手消費者金融と比較すると長め。

カードローン名 審査回答時間 融資スピード
楽天銀行スーパーローン 最短翌営業日 最短翌営業日
プロミス 最短15秒事前審査回答 最短30分
レイクALSA 最短15秒審査回答 最短即日
SMBCモビット 最短30分 最短即日
アイフル 最短30分 最短即日

特に最短15秒で事前審査結果が分かるプロミスやレイクALSAと比較してしまうと、見劣りしてしまうかもしれませんね。

とはいえプロミスもレイクALSAも、15秒でわかった審査結果が最終の審査回答ではなく、その後本審査を受ける必要があります。

トータルの審査時間で考えると、大手消費者金融カードローンの審査時間はどこも同じくらいのスピードであると考えてよさそうです。

最短30分で審査結果が分かるのは、大手消費者金融ならではの強み。

即日で融資を受けたい場合や、審査結果が早いほうがいいという方は、大手消費者金融カードローンも視野に入れてみてくださいね。

弁護士松浦絢子
弁護士松浦

銀行カードローンは2018年から、融資の際に警視庁データベースへの照会をしなければならないことになりました。このため、即日融資が事実上できないことになっています。

まとめ

楽天銀行スーパーローンの審査時間は最短翌日。

ただし、審査にかかる時間は個人差があります。

これから楽天銀行スーパーローンに申し込む人は、以下10個の審査時間が長くなる原因に当てはまらないか、いま一度確認してみてくださいね。

  1. 申込情報に誤りがある
  2. 収入が安定していない
  3. 借入希望額が高すぎる
  4. 提出した書類に不備がある
  5. 在籍確認に対応できていない
  6. 他社借入件数が多い
  7. 他社借入金額が多い
  8. 複数のカードローンに申し込んでいる
  9. 過去にローンやクレカの支払いを滞らせている
  10. 申込が混み合っている

すでに審査に申し込んでいて、審査回答がまだの方は、上記のいずれかに当てはまる項目があるかもしれませんよ。

楽天銀行スーパーローンの審査回答時間は平日なら朝9:00から夜19:30まで、土日なら朝9:00~17:30です。

この時間内に審査結果の通知が来ない場合は、楽天銀行スーパーローンに電話して確認するか、メールの受信設定を確認してみましょう。

楽天銀行スーパーローンより審査時間の短い貸金業者を探しているなら、大手消費者金融を検討するのもおすすめですよ。