カードローンは在籍確認なしにできる?在籍確認が職場にバレない方法とは

投稿日:2021.03.26 更新日:2022.04.12
カードローンの在籍確認はなしにできるのか

在籍確認とは、カードローンの申込の際に入力した勤務先が正しいかを確認するために職場に電話がかかってくることをいいます。

「自分が電話に出られない場合、職場の人にカードローンを利用したことがバレるのではないか」と心配になる方もいるでしょう。

在籍確認は返済能力を確認するために必要なため、在籍確認がないカードローンはありません

この記事では、カードローンの在籍確認をする理由や勤務先にバレる心配はないのか、注意点や流れを解説します。

また電話連絡を回避することはできるかにも触れています。

カードローンを利用したことが職場に知られるのが心配な方や、カードローンの利用を検討している方は参考にしてください。

この記事の執筆者フィンクル編集部
Finance + Circle = Fincle 金融の知識が輪のように広がっていく。 フィンクルはそんなサイトを目指しています。...
この記事の監修者【FP】志塚洋介
証券会社で個人の資産コンサルティング業務を経験。不動産会社へ転職し管理不動産の入出金管理を行う。 その後独立し、行政書士として独立開業し、相続・遺言の手続き代行など民事を中心に、FPとしては証券...

なぜカードローンには在籍確認があるのか

カードローンを利用する際は、必ず在籍確認が必要です。

在籍確認には、以下2つの目的があります。

  • 返済能力を確認するため
  • 虚偽の申告をしていないか確認するため

それぞれの内容を解説していきます。

返済能力を確認するため

カードローンを申し込んだ際に行われる在籍確認は、申込者の返済能力を確認することが目的です。

申込者が無理のない範囲で返済できるのかを判断するには、登録されてある勤務先に本当に在籍しているかを確かめる必要があります。

消費者金融やクレジットカード会社などの賃金業者は貸し付けを行う際に、顧客の返済能力を確認する義務が賃金業法で定められています。

賃金業法の条文は次のとおりです。

根拠法律第13条第1項
“貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。”

貸金業法第十三条「返済能力の調査」

在籍確認によって実際に勤務していることが証明されるので、申込者には一定の収入があることが判断できます

虚偽の申告をしていないか確認

カードローンの在籍確認は、虚偽の申告をしていないかを確認する目的もあります。

カードローンは、申込者の信用を担保にお金を貸しています。

申込者が信用できるかを判断するには、申込時に入力した情報が正しいかを確認することが必要です。

信用度を確認する方法の一つが、在籍確認です。

収入を多く伝えたり、虚偽の勤務先を伝えたり真実とは異なる申告をした場合、虚偽が発覚するとカードローンの審査に落ちてしまいます

また審査が落ちたことが、信用情報に記録されます

信用情報に傷がつくと、今後他社のカードローンを利用するときに審査に落ちやすくなるでしょう。

虚偽の申告をして万が一審査が通過したとしても、虚偽が発覚した際は解約になります。

虚偽の申告はさまざまなリスクがつきまとうため、絶対にしてはいけません。

なぜカードローンには在籍確認があるのか解説しました。

次にカードローンの在籍確認は、どのように行われているのか見てみましょう。

FP志塚FP志塚
法律の要請もあり、原則としてカードローンを申し込む場合は在籍確認が必要となります。虚偽の報告によりカードローンの申し込みを行うと法律違反となる恐れがありますので正しい情報を提出するようにしましょう。

カードローンの在籍確認はどのようにして行われている

カードローンの在籍確認は書類提出で完了する場合もありますが、基本的には電話確認です。

在籍確認を電話でする際の流れを解説します。

在籍確認の電話連絡の流れ

カードローンの申込みをすると審査の一環として、在籍確認の電話が勤務先にかかってきます。

申込者本人が電話に出れば、在籍確認は完了です。

本人が不在や欠勤の場合でも、職場に在籍している確認が取れれば在籍確認は終了します。

本人が対応する場合と、本人が不在の場合それぞれの在籍確認の流れを紹介します。

本人が対応する場合

本人が在籍確認の電話に対応する場合、やり取りの流れの一例は次のとおりです。

カードローンの申込者
申込者
お電話ありがとうございます。株式会社〇〇〇です。
審査担当者
審査担当者
もしもし私山田と申します。(申込者)さまはいらっしゃいますか?
カードローンの申込者
申込者
(申込者)は私です。
審査担当者
審査担当者
左様でしたか。私、株式会社△△(カードローン名)の山田と申します。
この度はお申し込みいただきありがとうございます。
在籍確認をとらせていただきました。引き続き審査結果をお待ちください。

本人が不在の場合

本人が不在の場合、在籍確認の流れの一例は次のとおりです。

アイコン_20代男性
勤務先の人
お電話ありがとうございます。株式会社〇〇〇です。
審査担当者
審査担当者
もしもし私山田と申します。(申込者)さまはいらっしゃいますか?
アイコン_20代男性
勤務先の人
(申込者)はただいま席を外しております。どのようなご用件でしょうか?折り返すように伝えておきましょうか?
審査担当者
審査担当者
左様でしたか。個人的な要件なので、結構でございます。

このように申込者本人が不在の場合でも、申込者が職場に在籍していると判断できれば在籍確認は終了です。

カードローンの電話での在籍確認の流れを解説しましたが、勤務先の人にカードローンの電話だとバレてしまうのでしょうか。

カードローンの在籍確認は勤務先の人にバレない

在籍確認の電話連絡は申込者のプライバシーに配慮されている

カードローンの在籍確認で、職場の人にバレる心配はないでしょう。

というのもカードローンの在籍確認は、プライバシーの管理が行き届いているからです。

職場にカードローンを利用したことが知られないか不安な人に向けて、カードローンが行っているプライバシーの配慮を解説します。

カードローンが行っているプライバシーの配慮は以下のとおりです。

  • 在籍確認の電話は個人名でかかってくる
  • 本人以外に在籍確認があることをいわない

それでは順番に詳しく解説してきます。

在籍確認の電話は個人名でかかってくる

在籍確認の電話は、会社名ではなく個人名でかかってきます。

そのため本人以外が電話に出ても、カードローンの在籍確認の電話だとわかりません

会社名を名乗った場合は、電話対応した人に何の用事だったのか不信感を持たれることもあるでしょう。

一方個人名だと、不信に思われる心配は減ります。

本人以外に在籍確認であることをいわない

カードローンの在籍確認時に職場の人が電話に出た場合、カードローン業者は基本的にカードローンの在籍確認で電話をしたことをいいません

申込者本人と確認できてから、在籍確認の電話だと知らせてくれます。

本人以外に在籍確認である旨が伝わらないので、職場の人にカードローンの利用がバレる可能性は低いでしょう。

カードローンが行っているプライバシーの配慮について解説しました。

カードローン側がプライバシーに配慮しているからといって、何も対策をしていないと勤務先の人にカードローンの利用がバレる可能性もあります。

そこでカードローンの在籍確認の電話で、職場の人に利用がバレないための対策を紹介します。

カードローンの在籍確認で職場の人にバレないための対策

カードローンの在籍確認はプライバシーに配慮されているといっても、事前に下記のような対策をしておかないと安心できません。

  • 自分が電話に出られるようにしておく
  • 電話の時間を指定しておく
  • 電話を聞かれたときの理由を考えておく

それぞれの対策を解説していきます。

自分が電話を受ける

カードローンの在籍確認の電話に、自分が出られるように準備しておくといいでしょう。

取り次ぎの手間がないのでスムーズに在籍確認が終わります。

また取り次いでもらった職場の人に、「あの電話何だったの?」と聞かれる心配もありません。

在籍確認の電話がかかってくる日は、自分が電話に出られるように会議や外出の予定がない日を指定しておくといいでしょう。

電話連絡の時間を指定する

在籍確認の電話に自分が確実に出られるように、電話連絡の時間を指定しておくのがおすすめです。

ただし細かい時間指定はできません

時間を詳細に指定したい方は、事前に申し込むカードローン会社に確認しておきましょう。

電話連絡を聞かれたときの理由を考えておく

在籍確認の電話連絡が終わったあと、職場の人に何の電話だったのか聞かれることもあるでしょう。

職場の人に取り次いでもらった場合は、特に気になるかもしれません。

すぐ説明できるように、あらかじめ電話内容考えておくといいでしょう。

すぐに答えられずにしどろもどろな回答をしてしまうと、職場の人から不信感を持たれるかもしれません

スムーズに回答できれば、不信感を持たれずに済むでしょう。

おすすめの回答は、「クレジットカードの在籍確認の連絡」です。

銀行口座の在籍確認の連絡でもいいでしょう。

クレジットカードや銀行口座の契約時に、在籍確認を行うからです。

クレジットカードや銀行口座を複数所有している方もいるため、違和感を持たれにくいでしょう。

ただし「営業先からの電話」のような嘘をつくと、電話履歴で嘘だと気づかれる可能性があるので、おすすめしません。

FP志塚FP志塚
在籍確認で職場の方にバレたくない場合は、なるべく自分で電話に出るか、出られない場合でも怪しまれないように準備しておくことが必要です。

カードローンの電話連絡を回避することは可能

カードローン利用時に、在籍確認は必ず行われますが、電話連絡を回避できる方法があります。

電話連絡を回避する以下2つの方法を解説します。

  • 電話連絡なしを明言しているSMBCモビットを利用する
  • 書類提出で在籍確認ができないか相談する

電話連絡なしを明言しているSMBCモビットを利用する

SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡なし・郵送物なし

誰にもバレずにカードローンを利用したいなら、WEB完結申込なら電話連絡なしを明言しているSMBCモビットに申し込みましょう。

SMBCモビットのWEB完結申込は、職場に電話連絡なし・自宅に郵送物なしを明言している唯一のカードローンです。

ただWEB完結を利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 三井住友銀行・三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人
  2. 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている人

「勤務先に電話連絡をしてほしくない」「とにかく誰にもバレずにカードローンの利用したい」という人におすすめのカードローンですよ。
SMBCモビット公式バナー

限度額 金利 審査時間 融資時間
最大800万円 年3.0%~18.0% 最短10秒簡易審査 最短60分融資も可能※
学生 パート
アルバイト
職場に
電話なし
郵送物なし
  • SMBCモビット
    がおすすめな方
  • SMBCモビット
    が不向きな方
  • 30代~50代の方
  • カードローンの利用が会社や家族に知られたくない方
  • 簡易審査の結果を10秒で知りたい方
  • 自宅に郵送物なし・会社に電話連絡なしを希望する方
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方
  • 過去に延滞履歴のある方
  • SMBCグループの商品の審査に落ちた方
  • 社会保険証・組合保険証をお持ちでない方(WEB完結が利用できないため)
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちでない方(WEB完結が利用できないため)
ただし上記の場合でも、審査に通過できないと決まったわけではありません。 まずはお借入れシミュレーションをお試しください。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

書類提出で在籍確認ができないか相談する

在籍確認を電話でしてほしくない方は、カードローンを申し込む際に書類提出で在籍確認できないかを相談してみるのもいいでしょう。

カードローンの在籍確認は、基本的に電話で行われます。

しかし一部の消費者金融は、相談次第で書類提出で在籍確認をしてくれることがあるかもしれません。

書類提出で在籍確認をできる消費者金融でも、審査の結果によっては電話で在籍確認をする可能性もある点には注意が必要です。

在籍確認を書類提出で済ませたい場合は、各消費者金融のオペレーターに個別で相談しないといけないことが多いでしょう。

在籍確認は仮審査後に行われるのが一般的なので、申込後に仮審査の通知がきたタイミングで相談してみるといいかもしれません。

カードローン在籍確認の注意点

カードローンの在籍確認の際は次の3つの注意点があります。

  • 申込時は所属部署や勤務地の電話番号を入力する
  • 在籍確認は申込者の属性に関係なく行われる
  • 在籍確認の電話連絡がくる日時を把握しておく

それぞれの注意点を解説します。

申込時には所属部署・勤務地の電話番号を入力する

カードローンの申込時に職場の電話番号を入力する際は、自分が在籍していることが確認できる電話番号を入力する必要があります。

つまり自分が所属している部署の電話番号を入力しなければいけません。

本社やほかの部署など自分が勤務していない電話番号を入力してしまうと、電話を受けた人が申込者のことを把握していない可能性があるからです。

勤務していない本社や部署に電話がかかってきても、在籍確認が完了しません。

申込時は、自分が勤務している部署の電話番号を入力しましょう。

在籍確認は申込者の属性関係なく行われる

在籍確認は、申込者の属性に関係なく行われます。

学生や主婦などの属性や、パート・アルバイトのような勤務形態は在籍確認に関係ありません。

カードローンは20歳以上の安定した収入がある方が対象なのが一般的です。

そのため学生でも20歳以上でアルバイトをしている場合は勤務先に在籍確認の電話がいきます。

パート・アルバイトで自分が電話対応をしない場合は、電話対応する職員に「自分宛に電話がきたら代わってほしい」と伝えておくとスムーズに在籍確認が進むでしょう。

在籍確認の電話連絡がくる日時を把握する

在籍確認の電話がかかってくる日時を把握しておくのがおすすめです。

会社が休みの日や営業時間外だと誰も電話に出ないことがあるので、スムーズに在籍確認が完了しません。

特に休みが平日の会社に勤務している方は、平日に電話がかかってきても出られないでしょう。

そのため電話がくる日時を把握しておくのがおすすめです。

まとめ

カードローンの利用時にする在籍確認は、審査の一環として申込者の返済能力や信用度を確認するために行われます。

在籍確認の電話の際に、職場にカードローンを利用していることがバレてしまわないか心配に思う方もいるでしょう。

しかしカードローンの在籍確認の電話は、プライバシー管理に注力している場合が多いです。

在籍確認の際は個人名で連絡され、本外の人に電話の目的を話すことは基本的にはないです。

そのため勤務先に知られる可能性は低いでしょう。

勤務先にカードローンを利用していることが知られることに不安な方は、事前に在籍確認の電話対応はどのような形式でするのかを確認しておくのがおすすめです。

また日時を指定しておき、確実に自分が出られるように準備しておくのもいいでしょう。

電話での在籍確認に抵抗がある方は、WEB完結で在籍確認の電話連絡がないSMBCグループがおすすめです。

カードローンを利用する際は、在籍確認の流れや注意点を把握して、安心して在籍確認に臨みましょう。

SMBCモビット公式バナー