レイクを利用するとやばい?レイクでお金を借りる方法からやばい貸付先まで真相を徹底解明!

投稿日:2023.07.27 更新日:2024.02.08
レイク_やばい

レイクをはじめ、消費者金融でお金を借りることに抵抗がある方もいるのではないでしょうか。

その理由として、「返済が遅れたときの取り立てが怖いのでは…」「高い利息で貸し付けられて返済できなくなるのでは…」と思う方もいるかもしれません。

消費者金融は貸金業法と呼ばれる法律で定められており、返済能力以上の貸付が禁止され、利息の上限が設けられています

レイクは貸金業法が適用となる消費者金融のひとつです。

この記事ではレイクがなぜやばくないのか、本当に気をつけるべきやばい借入先までご紹介します。

この記事の執筆者フィンクル編集部
fincle_profile
Finance + Circle = Fincle 金融の知識が輪のように広がっていく。 フィンクルはそんなサイトを目指しています。...
この記事の監修者【FP】大内優
FP大内
テレビ局報道記者として活躍後、FP事務所・外資系生命保険会社マネージャー勤務を経て2014年にFP相談室マネー&キャリアとメディア活用研究所を開業。 コンサルティング業務を行う一方、生活経済ジャ...

レイクは貸金業法が適用!貸金業法で知っておきたい4つのこと

冒頭でもご紹介したように、貸金業者とは消費者金融をはじめ、クレジットカード会社などが対象です。

ここでは貸金業者に定められている貸金業法についてご紹介します。

  • 貸金業法が施行された背景
  • 貸金業者は登録が必要
  • 在籍確認が義務付けられた
  • レイクがやばくない理由は登録された貸金業者

貸金業法が施行された背景

貸金業法は平成18年12月に成立して以来、段階的に修正され、平成22年には総量規制などの重要な部分を含む、すべての規定が施行されました。

貸金業法が施行された背景は、近年、返済しきれない多重債務者が増加し、社会問題として取り上げられたためです。

貸金業法が施行されてすぐの平成19年には、3件以上借入がある多重債務者は443万人もいましたが、ここ数年では多重債務者が120万人に減少しています。

平成18年に施行された貸金業法では、以下のような借り過ぎや貸し過ぎを防ぐ取り組みなどが行われました。

  • 貸金業者の規制
  • 借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために総量規制を設定
  • 上限金利を引き下げる

貸金業者の規制

貸金業者の規制として取り組まれたことは、以下の5点です。

  • 貸金業者のハードルを上げる
  • テレビCMなど広告に対して厳しい規制ルールを設定
  • 借り手の自殺を対象とした生命保険契約を禁止
  • 行為規制の強化
  • 業務改善命令の導入

これらの規制を行うことで、貸金業者への参入規制、行動規制を設けました

金融庁が貸金業者のハードルを上げたことも背景にあり、貸金業者は昭和60年以来、年々減少傾向にあります。

昭和60年には45,720件の貸金業者が登録されていましたが、平成22年では昭和60年に比べて1桁以上減少し、その数は4,254件です。

ほかにも貸金業者による取立も規制されました。

消費者金融の取立は、怖いイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

このとき施行された貸金業法では取立に対しても規制が行われ、日中の執拗な取立が法律で禁止されています

貸金業法21条では、以下のように取立行為の規則が定められています。

  • 正当な理由がないのに、不適当と認められる時間帯に債務者へ連絡・訪問しない
  • 正当な理由がないのに、債務者の勤務先や自宅以外に連絡・訪問しない
  • 債務者からその場から退去するように意思表示されたにも関わらず、退去しない行為は禁止されている
  • 債務者の借入や私生活に関する事実を、債務者以外に明かさない
  • 債務者以外から取り立てない

ただし正当な理由がある場合は、この限りではありません

支払期日を守らなかったり、申し出の内容が著しく異なったりしている場合は、正当な理由として認められます。

そのため貸金業者として登録がある場合、支払期日を守っていれば、このような取立に合うことはありません

さらに貸金業者が禁止されている行為を行った場合、登録取消や業務停止、業務改善命令などの罰則規定が行われます。

このような規制ができたことによって、貸金業法は順守され、業務の適正化を図っています。

借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために総量規制を設定

総量規制では、返済能力以上の貸付を禁止するために、年収の3分の1までしか借りられません

総量規制が施行される以前は、返済不能でも借り入れできたため、返済出来ない分を他の金融機関から借りることで多重債務者が増加しました。

このことから借り過ぎや貸し過ぎが多重債務に繋がり、社会問題となったため総量規制が定められました。

総量規制では、年収が600万円の場合、どれだけ金融機関の限度額が800万などと高額になっていっても200万円以上借りられません。

200万円以上貸すと、貸した金融機関が罰則を受けるため、総量規制以上の借入を申し込んだ場合、審査に落ちる原因となるでしょう。

審査では総量規制の点から、債務者の収入を確認するために以下の場合、収入証明書の提出が求められます。

  • 50万円以上借り入れる場合
  • 他社での借入金額が合わせて100万円を超える場合

ただし総量規制は対象が決められており、銀行などでの借入や消費者金融のおまとめローンなどは総量規制の対象になりません

その理由は、銀行が貸金業者に該当しないため、法律も貸金業法ではなく銀行法の対象となるからです。

総量規制は貸金業法にのみ定められた法律であるため、銀行は総量規制の対象外です。

ただし借入に関して、銀行には自主規制があり、総量規制がないからと言って、銀行ならいくらでも借入できるということではありません。

またおまとめローンは、多重債務者のローンをひとつにまとめることで月々の返済を抑えられます。

ローンをまとめることで借入金額が高額になることが多く、おまとめローンで年収制限があると対応できないため、総量規制の対象外となります。

上限金利を引き下げる

上限金利は貸金業法の改正によって、出資法の上限金利が年20.0%まで引き下げられました。

上限金利は出資法と利息制限法で上限が定められています。

出資法では上限金利を超えれば刑事罰に該当し、利息制限法では民事上での罰則が可能です。

【改正前】

利息制限法の上限金利 年15.0%
出資法の上限金利 年29.2%

【改正後】

利息制限法の上限金利 年15.0%~20.0%(元本の金額による)
出資法の上限金利 年20.0%
  • 元本の金額が10万円未満のときの上限金利 → 年20.0%
  • 元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18.0%
  • 元本の金額が100万円以上のときの上限金利 → 年15.0%

利息制限法と出資法の間となる金利(年15.1%〜年29.1%※改正前)は、グレーゾーン金利と呼ばれます。

グレーゾーン金利では、一定の要件を満たした場合、出資法の上限金利を超えなければ罰則の対象となりませんでした。

上限金利に関わる法律が改正され、グレーゾーン金利は行政処分の対象となりました。

そのことから、現在大手消費者金融では上限金利を年18.0%まで返済日を超過した場合に年20.0%の金利を適用しています。

消費者金融 金利
プロミス 年4.5~17.8%
アイフル 年3.0〜18.0%
アコム 年3.0〜18.0%
レイク 年4.5〜18.0%

仮に、借入額が10万円から100万円未満の場合、年18.0%以上の金利で貸し付けると、貸した貸金業者は行政処分となります。

さらに借入金額にかかわらず、年20.0%以上の金利で貸し付けた場合、貸金業者は高額な賠償金を支払わなければいけません。

このように上限利息法や出資法によって上限金利が定められているため、登録がある貸金業者ではこれ以上の金利で貸し付けられることはありません。

貸金業者は登録が必要

貸金業法の対象となるためには、貸金業者として登録が必要です。

貸金業者として登録されている場合、金融庁のホームページから登録を確認することが可能です。

検索する場合、以下の情報から検索できます。

  • 登録番号
  • 名称
  • 所在地
  • 代表者名
  • 電話番号

登録が確認できれば、前項でご紹介した総量規制や、上限利息法、出資法の対象です。

在籍確認が義務づけられた

金融機関の借入を申し込む際、審査のひとつである在籍確認が気になる方も多いのではないでしょうか。

在籍確認とは、返済能力以上の貸付を行わないために、金融機関に債務者の返済能力を確認することが義務づけられています。

確認方法は電話や書類となっており、必ずしも勤務先に電話がかかってくることはありません

公式ホームページで公開されている在籍確認に関する回答を以下にまとめました。

アコム 原則、実施しません。もし実施が必要となる場合でも、お客さまの同意を得ずに実施することはありませんので、ご安心ください。
アイフル 原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。
プロミス 原則、お勤めされていることの確認はお電話では行いません。ただし、審査の結果によりお電話による確認が必要となる場合がございます。(ご連絡の際は担当者の個人名でおかけし、プロミス名はお伝えいたしませんのでご安心ください。)
レイク 原則、ご自宅やお勤め先への確認はお電話ではおこなっておりません。ただし、審査の結果によりお電話での確認が必要となる場合があります。

お勤め先に在籍確認をする際は、お客さまのプライバシーには十分な配慮をし、ご本人さま以外には「レイクALSA」や「新生フィナンシャル」という名称はお出しいたしません。

非通知もしくは発信専用の番号で、担当者の個人名にてお電話をおかけしていますので、ご安心ください。

アコムやアイフル、レイクなどは原則、在籍確認を電話で実施しません

一方オリックスマネーのように、原則勤務先へ電話する金融機関もあります。

契約するまでに、勤務先へ連絡がきますか?

お勤めされていることの確認のため、ご勤務先に個人名でお電話させていただきます。
※お客さまのプライバシーには十分配慮し、オペレーターの個人名にておかけしますのでご安心ください。
※お電話での確認が難しい場合は、お申込後にご相談ください。」

引用:契約するまでに、勤務先へ連絡がきますか? | よくあるご質問 | オリックスマネー

オリックスマネーでは、勤務先に電話されたくない場合、事前に相談することが可能です。

このように消費者金融や銀行などの金融機関は、必ず在籍確認を実施することを義務付けられているため、「在籍確認なし」などをPRしている業者は注意しなければいけません。

レイクがやばくない理由は登録された貸金業者

前項にもあるように、レイクは貸金業者としての登録があるため、レイクで借入してもやばくありません

レイクの金利は年4.5%~18.0%と設定されており、上限金利法の対象です。

さらにレイクでは、他の大手消費者金融と異なり、60日間の無利息期間が設けられています。(※Web申込の場合)

無利息期間
アイフル 最大30日(初めて借入の方限定+無担保キャッシングローンを利用した場合)
プロミス 最大30日(初めて借入の方限定+メールアドレス登録しWEB明細利用)
レイク 最大60日(初めて借入の方限定+WEB申込の場合)
最大30日(初めて借入の方限定+電話申込、来店申込の場合)
最大180日(初めて借入の方限定+借入額のうち5万円分が無利息)
アコム 最大30日(初めて借入の方限定)

無利息期間を使えば、消費者金融の利息が気になる方でも、お得に借入できるでしょう。

FP大内FP大内
無利息期間は、返済計画を立てる上でも、とても効果的なサービスです。上手に活用するようにしましょう。

レイクで借り入れるために知っておきたいこと

ここではレイクで借り入れるために知っておきたいこととして、以下の内容をご紹介します。

  • レイクの申込方法
  • レイクは選べる無利息期間がある
  • レイクの借入方法
  • レイクの返済方法

レイクの申込方法

レイクを申し込むときは、まず申込条件を確認しましょう。

「レイク申込条件:満20歳~70歳
(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)」

申込条件に該当していないと、申し込んでも審査に落ちてしまいます。

まずは申込条件を確認し、自分が該当しているか確認してから検討しましょう。

レイクの基本情報は以下のとおりです。

融資額 1万円~500万円
金利 年4.5%~18.0%
返済期間 最長5年・最大60回
申込に必要な書類 運転免許証等
収入証明書(※50万円以上借り入れたいとき・他社も合わせて総借入残高が100万円を超えるとき)
担保・保証人 不要

レイクの申込方法は以下の3通りです。

Web
  • 24時間いつでも申込が可能
  • 60日間の無利息期間がある
  • オペレーターに相談が可能
  • 審査結果の時間帯を確認

通常時間帯/8:10~21:50
第3日曜/8:10~19:00

自動契約機
  • オペレーターに相談が可能
  • 利用時間を確認

平日土曜祝日/9:00~21:00
日曜/9:00~19:00

電話
  • 連絡先:0120-09-09-09
  • 自動音声で「1:はじめてのお申込」を選択
  • オペレーターに相談が可能
  • 審査結果の時間帯を確認

通常時間帯/9:00~21:00
日曜/9:00~19:00

Web申込は24時間受け付けており、申込後は最短15秒で審査結果が表示されます。

ただしすべての申込方法で、上記の表のように審査の時間が決まっています。

レイクは最短25分で融資ができ、Webなら21時までに契約手続きが完了すると当日融資が可能です。

はやくお金が必要な人は、審査結果の時間帯に合わせて申し込みましょう。

レイクは選べる無利息期間がある

多くの大手消費者金融には、初めての借入の場合最大30日間の無利息期間があります。

レイクは以下のように、条件に合わせて無利息期間を選ぶことが可能です。

  • 最大60日(初めて借入の方限定+WEB申込の場合)
  • 最大30日(初めて借入の方限定+電話申込、来店申込の場合)
  • 最大180日(初めて借入の方限定+借入額のうち5万円分が無利息)

借入金額のうち5万円までなら、最大180日間無利息期間を延長できます。

最大60日間の無利息期間では、期間内なら何度でも利用限度額まで借入が可能です。

ただし借入の契約金額が200万円を超えた場合、無利息期間は最大30日になるため注意が必要です。

これら3つの無利息期間は併用できないため、自分に合った無利息期間を選びましょう。

無利息期間は契約日の翌日から開始されるため、気づいたら終わってしまったということがないよう計画的に利用することが大切です。

レイクの借入方法

レイクの借入方法は以下の4通りです。

借入方法 時間帯 詳細
銀行振込 月/8時10分~23時50分
火~土  /0時15分~23時50分
日/0時15分~18時50分
(第3日曜日 4時~18時50分)
※21時までに契約手続きが完了すれば当日振込が可能(日曜日の場合18時)
ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行などで振込が可能
※引き出せる時間は銀行の利用時間によって異なる
SBI新生銀行カードローンATM 平日・土曜日/7時30分~24時
日曜日・祝日/7時30分~22時※第3日曜日は20時まで
夜間・休日も手数料無料で借入が可能
スマホATM取引 月/5時~23時50分
火・水    /0時15分~23時50分
木/1時30分~23時50分
金・土・日/0時15分~23時50分
※第3日曜日は、0時15分~20時
  • セブン銀行を利用
  • 手数料が110円~220円必要
提携ATM 金融機関によって異なる
【例 セブン銀行】
月/5時~23時50分
火・水    /0時15分~23時50分
木/1時30分~23時50分
金・土・日/0時15分~23時50分
※第3日曜日は、0時15分~20時
コンビニや銀行などから、夜間・休日も借入が可能

  • 対象コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどE‐net対応コンビニ等で利用可能
  • 対象銀行:三菱UFJ銀行、ローソン銀行、セブン銀行、イオン銀行、三井住友銀行、東京スター銀行などで利用可能

レイクの借入方法のなかでも、SBI新生銀行カードローンATMを利用すれば夜間・休日でも手数料無料で利用できます。

他の方法の場合でも、休日や23時までなど遅い時間でも対応しているため、使い勝手に困ることはないでしょう。

レイクの返済方法

レイクの返済方法は6通りです。

返済方法 24時間対応 カード不要 手数料無料 一括返済可能
Web返済サービス
SBI新生銀行カードローンATM
口座振替サービス
スマホATM取引
提携ATM
銀行振込

Web返済サービスとは、スマートフォン・アプリ・パソコンからインターネットバンキングで返済する方法です。

深夜や休日でも振込手数料無料で利用でき、繰り上げ返済もできます。

Web返済する方法は、レイクの会員ページからインターネットバンキング口座のサイトをクリックし、以下の手順で行います。

  1. レイクの「会員ページ」にログインし、「Web返済サービス」をクリック
  2. 利用の金融機関を選び、金融機関のサイトへログイン
  3. 金融機関のサイト内の案内にしたがって、返済額を確認し、振込を実行

返済方法によって対応の時間帯や手数料が異なるため、自分にあった返済方法を選択しましょう。

また返済日は自分の都合に合わせて好きな日を選べ、返済日当日の14日前から返済が可能です。

このようにレイクは返済方法や返済日の選択肢が多く、自分に合った方法を選択でき、お金を借りるうえで返済のしやすさも重要なポイントです。

FP大内FP大内
実際に融資を受けた方からも、「返済方法や返済日の選択肢が多いので、ありがたかった」という声をよく聞きます。自分に合った返済ができるかどうかも、会社選びの基準にするとよいでしょう。

利用するとやばい金融機関とは?

前項でレイクがやばくないことをご紹介しましたが、利用するとやばい金融機関はあるのでしょうか。

ここでは利用するとやばい金融機関として以下の3つをご紹介します。

  • 貸金業法の登録がない金融機関
  • 「在籍確認なし」「ブラックOK」と宣伝する金融機関
  • 闇金やソフト闇金

貸金業法の登録がない金融機関

前項の【レイクは貸金業法が適用!貸金業法で知っておきたい3つのこと】でもご紹介したように、貸金業法の登録がない金融機関には、貸金業法が適用されません

さらに貸金業法が適用されないと、利息制限法や貸金業者の規制がないため、高額な利息で貸し付けられ、怖い取立てに合うかもしれません。

レイクなど、大手消費者金融の名前は耳にしたことがある方も多いですが、マチ金と呼ばれる中小の金融機関は数多くあります。

「知らない名前の金融機関で借入しても大丈夫かな・・・」と思ったときは、金融庁のホームページで名称からでも登録を検索できるので、申し込む前に確認しておきましょう。

「在籍確認なし」「ブラックOK」と宣伝する金融機関

金融機関の中には、「在籍確認なし」「ブラックOK」と宣伝する業者もあります。

このような宣伝を行う業者は貸金業法に登録していません。

貸金業法では、貸金業者が在籍確認として債務者の返済能力を確認することが義務付けられています。

さらに貸金業者は総量規制など、返済能力以上の貸付を行ってはいけないため、ブラックOKとは宣伝しません。

それでも「審査に通るか心配・・・」という方は、審査通過率やマチ金の選択なども考慮しましょう。

各貸金業者の審査基準は公開されていませんが、貸金業者によって審査のハードルは異なります

審査に通るか心配な方は、「在籍確認なし」「ブラックOK」と宣伝する金融機関ではなく、審査通過率が低い金融機関、独自の審査基準を持つマチ金を検討してみましょう。

カードローン商品 審査通過率(2023年4~11月)
アコム 42.8%
プロミス 38.9%
アイフル 35.4%
レイク 26.6%※

※レイクの審査通過率は2023年4月~6月の数値

闇金やソフト闇金

お金を借りるとき、闇金やソフト闇金を利用してはいけません

闇金やソフト闇金は貸金業者として登録がなく、貸金業法の適用になりません。

そのため詐欺などの事例も発生しており、注意が必要です。

最近ではソフト闇金と呼ばれる貸金業者もいます。

ソフト闇金は安心安全・優良をアピールし、従来からある闇金のイメージとは異なりますが、ソフト闇金も闇金と同様です。

ソフト闇金 闇金
共通する点
  • 貸金業者の登録がない。
  • 貸金業法で定められている総量規制や上限利子などが適応されない。
異なる点
  • 利用者に親身な対応
  • 返済が遅れそうな場合少しの融通は効かせてくれる。
  • 闇金と比べて取立が厳しくない。
  • 安心安全・優良をアピール
  • 契約が悪質であったり詐欺まがいな場合がある。
  • 取り立てがひどい。

ソフト闇金のなかには、7日周期で元本の2割、10日周期で元本の3割を利息とする業者があります。

10日周期とは10日間ごとに利息がつくため、10日周期で10万円返さずに1年間借りると、以下のような計算になります。

【10日周期:融資確定額の30%が利息】

10日毎に利息が3万円つく→1年では365日÷10日×3万円=109.5万円

たった10万円借りても、翌年には利息だけで109万もついてしまいます。

このようにソフト闇金や闇金は、利息制限法が適用されないため、高額な利息で貸付を行っているのです。

FP大内FP大内
自分の身を守るためにも、事前に業者について確認した上で申し込むようにしましょう。

まとめ

この記事ではレイクがやばくないのか、本当に気をつけるべきやばい借入先をご紹介しました。

レイクをはじめ、多くの大手消費者金融やマチ金は貸金業者として登録され、貸金業法が適用となります。

貸金業法が適用されれば、無理な貸付や高額な利息での貸付が規制されているのです。

お金を借りるときは、まず貸金業者の登録を必ず確認してから申し込むことが大切です。